ピアノ教室のホームページ制作はもちろん、生徒が集まる募集方法を教えています。

ピアノ教室専門ホームページ制作ドットコム

かわいらしいミステイクは好感度アップ

      2011/05/20

こんにちは。咲本です。

最近、「クスッ」って笑ってしまったブログがあります。それが、こちら。中野音楽教室の中野先生のブログです。

 
タイトル『「あああ」が消せなくて』・・・・です^^
ツイッターの設定テストで「あああ」という入力したものが、ブログ村に反映されて上位にきてしまいました。
大慌てで削除しようとしても、どうやっても消せなくて、焦っている光景が目に浮かびます。

私は好感がもてました^^

「どうやっても消えない」のこの絵文字や、
「本当に申し訳ございません」と、床に頭をぶつけて血を流している絵文字も笑ってしまいました。
 
ミステイクは、誰でもあります。重要なのはその後の対応です。
 
特に中野先生の「あああ」という記事は、そんな大したミスではありません。他の人もあまり気にしてないと思います。でも、それをまた、『「あああ」が消せなくて』という記事で、誠実に謝っているなんて、「なんて性格のいい先生なんでしょ^^」って思いました。

こういうところに、個性というか性格がでますよね。

かわいらしいミステイクは好感度アップです。
 
これはピアノ教室を探している保護者の方にとってもそうです。親近感がかなり湧くと思います。

そして、もう1つ今回の記事で伝えたいのは、ランキング上位にきてしまった「あああ」というタイトル。
このタイトル、みなさん気になって思わずクリックしたくなりませんでしたか?
私は「なんだろう」って思って、クリックしてしまいましたよ^^
以前、「記事の書き方~思わずクリックしたくなるタイトルとは」という記事を書いたことがありますが、この記事にぴったりでした。

タイトルはやっぱり重要です。「たくさんの人に読んでもらいたい!」という記事を書いたら、タイトルにも記事と同じだけのエネルギーを使ってくださいね。タイトルは導火線の役割です。しっかりした導火線がないと記事までたどり着けませんので知恵を振り絞りましょう。

「好感度」と「タイトルの重要性」の話でした。
それでは、また。

 
追伸
しっかり、3位に入ってるところを、画像保存させてもらいました(笑

ちなみにブログ村の記事を消すことは、この方法でできそうです。

 - ブログ , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

no image
第2回「音楽教室生徒獲得プログラム」募集開始

音楽教室生徒獲得プログラムの第2回目の募集を行います。このプログラムは、ピアノ教室を開いている先生の生徒集客を全面的にバックアップするプログラムとなっています。このプ

no image
同業者以外の社長から経営を学べ!

ピアノの先生は、いってみれば個人事業主。1つの会社の社長と同じ役割です。営業活動 …

no image
ピアノ講師はあまり知らない文章を書くときの黄金ルール

昨日の浅田真央選手の演技は、本当に感動しました。   4年間の努力・練 …

no image
大阪近辺にお住まいのピアノ講師の方へ、生徒募集に特化したセミナーのお知らせ

  生徒募集で真剣に悩んでいる、またはもっと問い合わせがきてほしいと願 …

no image
接触回数を増えれば自然と生徒は増えていきます。ブログで面白い文章を書くコツ

  こんにちは、咲本です。   不動産関係で読んでいるブログ …

no image
ドラマ「JIN-仁-」の「橘家のお弁当」を食べて感じた購買心理

明日、娘が誕生日なので、本日は1日前ですが母の家で誕生日パーティーをする予定です …

no image
あなたのピアノ教室に来る生徒さん、または保護者の方もあなたと同じタイプの人

■「鏡の法則」、「引き寄せの法則」 「鏡の法則」、「引き寄せの法則」という言葉が …

no image
ピアノの先生は、どこまでビジネスの勉強をすればいいのだろうか?

ピアノの先生は、どこまでビジネスの勉強をすればいいのだろうか? 確かに、マーケテ …

no image
ピアノ教室の発表会でも他にはない特徴・強みをつくる

今日は、発表会プログラムの印刷を朝から会社でしていました。今回は300枚印刷しました。習っている生徒さんには、高級感のある厚い用紙に印刷されたプログラムを渡し、発表会に見

no image
今のピアノ教室をさらに発展させるために、小売業・製造業の発想を取り入れる

こんにちは。咲本です。 ブログ村には勉強になるるピアノの先生達のブログがたくさん …