ピアノ教室のホームページ制作はもちろん、生徒が集まる募集方法を教えています。

ピアノ教室専門ホームページ制作ドットコム

匿名でコメントを書いても、ある程度の場所は特定できる

      2011/05/30

こんにちは。咲本です。

最近、運動不足でちょっと運動しないとまずいなぁと感じています。筋トレをがんがんやっていた頃は、脳にも血液が回っていた感じで、体全身からやる気がでてきましたが、運動をしなくなると、なんかちょっとしたことでもやる気がでてこないというか、エネルギーが湧いてこないような気がします。

適度な運動は大切ですね。明日はゴルフなので、たくさん走りまわろう(笑

今回の記事は、匿名でコメントを書くことの注意点です。

たぶんですが、匿名でコメントを書いても、どの人が書いたのか特定することはできると思います。もちろん、名誉毀損など法的に問題のあるコメントは、プロバイダーなどに開示請求することができますが、そこまでしなくてもだいたいはわかります。

IPアドレスってコメントを書くときに記録されていますが、これを入力するだけで、アクセスしている地域がわかります。

匿名でコメントを書いても、ある程度の場所は特定できるのです。

例えばこちらのサイトでは、IPアドレスを入力するとグーグルマップにエリアが表示されます。

http://goo.gl/Jicmb

以前、コメントいただいた「怒っています」さんは大阪です^^

ここからは、私もどんなツールがあるか詳しく知りませんが、アクセス解析で、リンク元のURL・訪問回数・OSやブラウザ・プロバイダーなどわかります。

アクセス解析には、クッキーという機能があり、どのブラウザを使っていた人が、どのようにページを見ていったかの行動がわかるようになっています。

特に会社からのアクセスなどは、ホスト名が会社名になる場合があるので、「あの会社の社員がこのコメントを残した」と特定できます。

・場所は◯◯のこのあたりからアクセスして

・自分のHPを見に来る人は、基本的にピアノの先生

・どのページからアクセスしてきて、そのページが自分のピアノ教室のブログだったり・・・

・また、他にもコメントを入力していると・・・

など、いくつかの条件を重ねていくと、結構、匿名でもほぼ特定できてしまいます。

そこまで調べる人は、そんなにいないと思いますが、ITに強い人達であれば、あまりインターネットの仕組みを理解していない人が書いたコメントは調べることが可能だと覚えておいてくださいね。

もちろん、誹謗中傷などひどいものは、プロバイダーに請求して調べることが可能です。

匿名でも、覆面を被ってコメントをしているだけで、その覆面は簡単に剥がされてしまいます。匿名で書くときも、実名で書くことと同じような気持ちで書くことが、あなた自身の信用を守ることになると思います。

匿名のときこそ、相手に配慮したコメントを残すようにしましょう。

匿名でひどい内容を書いて、後でバレることが一番恥ずかしいです。


 - ブログ , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

かすなびロゴ
かすなびイベント参加の経験から、ピアノ教室の生徒募集を考える

こんにちは。咲本です。 今回は、この前参加した春日部のイベントの話です。 &nb …

no image
ピアノ教室復活支援会「希望」本当に今、必要なことなのか?

東日本大震災 ピアノ教室復活支援会 「希望」 というボランティアグループがありま …

no image
お金を払うと本気になる

お金を払うと本気になる。 これは不思議だけれど、ほとんどの人がそうだ。 &nbs …

お客様は増やすということは、あなたのファンを増やすということ

お客様は神様ではありません。断言します。この考えがあることによって、変なことが起 …

no image
「うちのホームページはイマイチだけど、ピアノの教え方・情熱では負けないわ」

ホームページから伝わるものが、見ている人にとってはすべてです。   こ …

no image
結果はコントロールすることができません。でも、その過程であるプロセスは、コントロールすることができるのです。

以前、ブログで「生徒募集でどのように頑張るか・・・その設計図が重要です」という記 …

no image
支援物資「ランドセル送った奴は、もうちょっと頭使えよ!!! 」

迷惑を掛けに行く自称「災害ボランティア」達。全国から自己満足で送ってくる支援物資 …

no image
ちょっと疲れたときに気分転換で「タイピングゲーム」

最近、ちょっと真面目た話を書いていたので、ちょっと気楽なネタで。 今回、紹介する …

no image
今のピアノ教室をさらに発展させるために、小売業・製造業の発想を取り入れる

こんにちは。咲本です。 ブログ村には勉強になるるピアノの先生達のブログがたくさん …

no image
時には、反感を恐れず、勇気を持って発言しましょう

コメントが届いたので、返信します。 「怒っています」さんからのコメント さくらら …