ピアノ教室のホームページ制作はもちろん、生徒が集まる募集方法を教えています。

ピアノ教室専門ホームページ制作ドットコム

パーソナルブランディングを高める時代です

   

この前、かすなびのオフ会に参加したことを書きましたが、その後ツイッターを使っていてあることに気づきました。

それは、ツイッターのハンドルネームだけでは、顔が思い出せない人がいるんです。オフ会で話をしているから、ツイッターアカウントを教えてもらっているのに、数日経つと思い出せない・・・。これはまずいですね。自分の記憶力もまずいと思うのですが、もっとまずいと思うのは、私とおなじように、顔とツイッターアカウントが一致してない人達がたくさんいるということです。

これでは、情報を発信する側としてはせっかく会ったのに勿体無いですよね。これからは、パーソナルブランディングを高める時代になります。簡単に言うと、今までは、「私、◯◯株式会社の咲本です」と自己紹介していたものが、「咲本です。仕事は◯◯をやっています」と個人のブランドのほうが重要になるということです。

忘れられないようにする方法は、やっぱり、「顔」をツイッターのアイコンにすることです。似顔絵でも大丈夫です。どんなアイコンより、記憶されるものが「顔写真」なんです。

顔写真のアイコンを使っていると、何かつぶやいたとしても「このつぶやいた人、だれだったっけ?」ということになりません。顔とつぶやきが一致しているので、返信もしやすくなります。

例えば、大きな交流会に出席してたくさんの人と名刺交換したとします。初対面の場合、私たちの脳は顔と名前を覚えることで手一杯になります。交流会が終わり、その後でも交流が深くなる人ってどんな人だと思いますか?

これは、間違いなく「顔と名前」が一致している人です。もちろん、会ったときの印象だったり、話の内容も大切です。でも、顔と名前が一致してないと、その後の交流は始まらないのです。

個人のブランドを高めることが、インターネットによってコストをかけずにできるようになりました。

だから、今活躍している人達は、パーソナルブランディングができている人達です。

不動産会社でも同じです。個人のホームページで自分の営業活動などを発信して、その活動が信頼されれば、どの会社に在籍しているということは関係なく、不動産売買の相談はくることになります。

ピアノ教室の先生の場合も同じです。今は、大手ピアノ教室でピアノを教えている先生も、今から、あなたのファンを作る活動をしていきましょう。そして、その情報を必ずデジタル化して蓄積していきましょう。

そして、そのパーソナルブランディングのベースとなるものが、あなたの「顔」です。


 - ブログ , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
同業者以外の社長から経営を学べ!

ピアノの先生は、いってみれば個人事業主。1つの会社の社長と同じ役割です。営業活動 …

no image
顧客生涯価値を考える

こんにちは。咲本です。このブログは、ピアノ教室で成功したい方を応援することが目的です。たくさんのピアノ教室運営のヒントを掲載していきたいと思います。私の知っている知識

no image
今のピアノ教室をさらに発展させるために、小売業・製造業の発想を取り入れる

こんにちは。咲本です。 ブログ村には勉強になるるピアノの先生達のブログがたくさん …

no image
明日はピアノ教室の発表会

写真は、プロのカメラマンにお任せ。私はビデオ撮影担当です。 発表会は、少ない人数 …

no image
相互リンクは効果薄。検索上位に表示する方法は?

最近のホームページ関係で大きなニュースと言えば、グーグルが相互リンクをスパムと断 …

no image
「うちのホームページはイマイチだけど、ピアノの教え方・情熱では負けないわ」

ホームページから伝わるものが、見ている人にとってはすべてです。   こ …

no image
ブログへのアクセスを増やす方法~つづき~

こんにちは。咲本です。 前回の続きです。前回、新規のアクセスを増やすには、「更新 …

no image
ピアノ教室に長く通ってもらうには、信頼関係を築く以外に方法はない

ブログで、ピアノ教室運営に関する様々な集客方法を紹介しています。 これらのことを …

no image
大阪近辺にお住まいのピアノ講師の方へ、生徒募集に特化したセミナーのお知らせ

  生徒募集で真剣に悩んでいる、またはもっと問い合わせがきてほしいと願 …

no image
「希望」という同じピアノ教室仲間を助けたいという気持ちは本当にすばらしいと思っているんです

すごく為になるコメントを頂いたので、この返信をブログで書きたいと思います。 前回 …