ピアノ教室のホームページ制作はもちろん、生徒が集まる募集方法を教えています。

ピアノ教室専門ホームページ制作ドットコム

生徒さんとのたくさんのメールのやり取りはピアノ教室の財産になる

   

メール操作している写真

ブログを書くとき、まず、あなたはどのような人に、ブログを読んでもらいたいか考える必要があります。

「生徒さんに習いに来てほしい」と思うのであれば、生徒さんが知りたがっていることを書く、または、保護者の方達が知りたがっていることを書いたほうがいいですよね。

間違えてしまうパターンは、自分が表現したいことを最優先にすることです。趣味のブログであればOKです。自由に表現すればいいと思います。趣味のブログであれば、読者のニーズを満たす必要もありませんから、自由に書くことができます。

このブログはピアノ教室で生徒さんをたくさん集めたいという先生達が読んでいると思いますので、ブログ読者のニーズを自分の表現したいものより「優先」しなければなりません。自己満足ではいけないということですね。

ブログに書く内容は、あなたの生徒さんに「聞いてみる」ことが一番間違いありません。

どんなことで悩んでいるのか、どんなことが嬉しかったのか、保護者の方にもメールや面談を使って、どんな要望があるのかを聞いてみる。

実は、これが「マーケティング」なんです。マーケティングっていうと難しそうな感じがしますが、生活の中で、普通にしている行動です。この「聞き込み」がしっかりされてないと、要望と違ったブログを書き続けてしまったり、世の中に必要とされてないサービスを提供してしまったりします。

結果として生徒さんは増えていきませんよね。

もし、あなたがすでにピアノ教室を運営していて、生徒さんの保護者の方達とたくさんメールでやり取りしているのであれば、是非、もう一度読み返してみてください。

数年分読み返すと、どんな質問が多いのか、どんな要望があるのかが見えてくると思います。

それが「お客様の声」です。それを、これからのピアノ教室に活かすことによって、その声はあなたの財産になります。

このお客様の声はブログにも活用できます。保護者の方からの質問は、他の保護者の方達も同じように疑問に思っている可能性が高いですから、凄くいいコンテンツになります。

是非、「今の自分ならこう回答する」という内容をブログに書いてみてください。間違いなく、最高のコンテンツになります。

 - ブログ , , , , ,

Comment

  1. ことなりままっち より:

    確かに、これは大事なことだと思います。

    生徒さん(あるいは入会希望者の方)からの質問に対する答えを読んで、「この先生の考え方は私と合う!」と思えば入会を考えるヒントにしていただけるし、もし合わない場合は無理やりきていただいても、お互いにトラブルになるので、逆に選ばないことで教室のクオリティを守る事ができるとも考えられますね。

    私の場合も、ブログを読んで先生の考え方がよく分かる、といわれることがあります。
    (今回のリンク先は教室ブログのアドレスのほうです)

    • pianohp より:

      すばらしいです!まったく同感です。合わないと思う人は、正直来ないでOKだと思います。この断れる勇気が大切です。価格を安くして「誰でも歓迎です」というスタイルだと、教室に入会してからのトラブルが必ずでてきます。それが、自分の教室ブランドを傷つけることもあります。「誰でも」という姿勢より、「共感」しているグループを作ることが、長い目で見ると安定したピアノ教室になると思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
とにかく信じて黙々としばらくは頑張ろう・・・その結果得られたものは・・・

このブログを書き始めて半年が過ぎましたが、また嬉しいメールが届きました。 ブログ …

no image
右サイドバーに人気記事ランキングを追加しました。

こんにちは。咲本です。昨日の夜に、ブログをちょっとカスタマイズしました。右側に人気記事ランキングを追加しています。ACR WEBというところのブログパーツを使っています。http://ww…

no image
ブログへのアクセスを増やす方法~つづき~

こんにちは。咲本です。 前回の続きです。前回、新規のアクセスを増やすには、「更新 …

no image
1回聴いたら、ファンになる。正直かっこいい・・・

この小学6年生の演奏は何度も聞いてしまいます。 この子の演奏は、本当にかっこいい …

no image
「うちのホームページはイマイチだけど、ピアノの教え方・情熱では負けないわ」

ホームページから伝わるものが、見ている人にとってはすべてです。   こ …

no image
時には、反感を恐れず、勇気を持って発言しましょう

コメントが届いたので、返信します。 「怒っています」さんからのコメント さくらら …

ピアノ教室の売上を上げるための3つの方法

売上は、「顧客数×購入単価×購入頻度」で表すことができます。   顧客 …

no image
顧客生涯価値を考える

こんにちは。咲本です。このブログは、ピアノ教室で成功したい方を応援することが目的です。たくさんのピアノ教室運営のヒントを掲載していきたいと思います。私の知っている知識

no image
この企業は「アナログの良さ」と「デジタルの良さ」を本当に理解しているな

「さすがだな」と思ったこと。 僕はメルマガの配信に「オートビズ」というサービスを …

no image
相互リンクは効果薄。検索上位に表示する方法は?

最近のホームページ関係で大きなニュースと言えば、グーグルが相互リンクをスパムと断 …