ピアノ教室のホームページ制作はもちろん、生徒が集まる募集方法を教えています。

ピアノ教室専門ホームページ制作ドットコム

接触回数を増えれば自然と生徒は増えていきます。ブログで面白い文章を書くコツ

   

 

こんにちは、咲本です。

 

不動産関係で読んでいるブログの中で、こんなことが書いてありました。

 

「営業は自己開示と接触回数、これ基本」

これは、どの業種でも共通する営業ノウハウです。営業が苦手な人は、このことを理解していません。売り込むことを考えてしまっています。

接触回数が増えて、たくさん自分のことを知ってもらえれば、自然に営業成績は良くなるのです。ピアノでいったら生徒が増えるということですね。
今の時代自己開示して接触回数を増やすには・・・とっても便利なツールがありますよね。

 

それは、ブログです。

 

ピアノ教室を探している保護者の方達がブログの読者リピーターになってくれれば、接触回数が増えたことになります。

ブログを使えば、ピアノを通して学んだこと、辛かったこと、楽しかったこと、どんなことも簡単に自己開示できるようになります。

難しく考えなくていいと思います。普段のこと、美味しかったお店、すべてが自己開示ですからね。

 

ただ、ブログを継続的に読んでもらうには、それなりに面白い文章を書かなければなりません。

 

面白い文章。

 

自分の中で感じる面白い文章とは、その人の内面や感情が表現されているもの。逆につまらないと感じるものは、日記のような「今日は○○しました。」みたいなものです。

 

ここかなりポイントだと思います。辛かったこと、悲しかったこと、嬉しかったこと、内面の感情をどんどん表現してみてください。

そして、なぜ、そのような嬉しい感情になったのかを、自分なりに脳内で分析し、文字として表現してみてください。

 

これこそが一番面白い文章になります。脳内で考えていることを表現できたときが、理想的な文章です。それも独自性のある考えだったらさらに面白い。

「この先生はこんな考え方するんだ。でも確かにその気持ちわかるなぁ~」

 

こんな風にブログ読者に思ってもらったら、次も必ず読みに来てもらえます。

そして、何回かブログを読んでもらっているうちに、自然とあなたのファンになってくれているでしょう。そして、結果として生徒数が増えているということなっていると思います。

 

 


ブログ村には勉強になるピアノの先生達のブログがたくさんあります。
是非、クリックして読んでみてください。
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村

 

初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら「ブログリーダー登録」やFacebookで「いいね!」よろしくお願いします。


 - ブログ , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
ブログへのアクセスを増やす方法

こんにちは。咲本です。 ブログへのアクセスを増やす方法について今回書いてみたいと …

no image
ピアノ教室復活支援会「希望」本当に今、必要なことなのか?

東日本大震災 ピアノ教室復活支援会 「希望」 というボランティアグループがありま …

no image
あなたのピアノ教室に来る生徒さん、または保護者の方もあなたと同じタイプの人

■「鏡の法則」、「引き寄せの法則」 「鏡の法則」、「引き寄せの法則」という言葉が …

no image
第2回「音楽教室生徒獲得プログラム」募集開始

音楽教室生徒獲得プログラムの第2回目の募集を行います。このプログラムは、ピアノ教室を開いている先生の生徒集客を全面的にバックアップするプログラムとなっています。このプ

no image
大阪近辺にお住まいのピアノ講師の方へ、生徒募集に特化したセミナーのお知らせ

  生徒募集で真剣に悩んでいる、またはもっと問い合わせがきてほしいと願 …

no image
5万円のお金を払って参加したビジネスセミナーの話

たまに、私はビジネスセミナーに参加します。ビジネスを成功させるには、インプットは …

no image
お金を払うと本気になる

お金を払うと本気になる。 これは不思議だけれど、ほとんどの人がそうだ。 &nbs …

no image
ピアノ講師達とのやり取りはチャットワークを活用しています。

今回は、講師連絡用に使っているツールをご紹介したいと思います。   う …

no image
「希望」という同じピアノ教室仲間を助けたいという気持ちは本当にすばらしいと思っているんです

すごく為になるコメントを頂いたので、この返信をブログで書きたいと思います。 前回 …

勇気
第1歩を踏み出して継続することが、どれだけ勇気のいることか・・・

私は、何か新しいことを始める人を尊敬する。同じことを黙々と継続できることも同様に …