ピアノ教室のホームページ制作はもちろん、生徒が集まる募集方法を教えています。

ピアノ教室専門ホームページ制作ドットコム

ピアノ講師はあまり知らない文章を書くときの黄金ルール

   

昨日の浅田真央選手の演技は、本当に感動しました。

 

9f94b044

4年間の努力・練習をこの数分間で表現しなければならない。

 

これは大変なプレッシャーだと思います。
そして、最後に「周りの人への感謝の気持ちで演技する」という大きな気持ちなったとき、
本当に素晴らしい演技ができたのだと思います。

 

素晴らしかったです。

 

また、周りのプロスケーターからも、ツイッターなどでたくさんのコメントが書かれていました。
たくさんの人が、浅田選手のスケートに感動し涙を流しました。
本当にたくさんの人に愛されているのだなと感じます。
小さい時から注目され、日本人のほとんどの人が浅田選手の頑張りを知っています。
そして初日、プレッシャーからか、たくさんのミスがでてしまったショートプログラム。
みんな自分のことのように心配し、励ましのメールやツイートを送っていました。

 

そして、見事なフリーの演技。感情移入度がハンパなかったです。
ジャンプごとに息を飲むような気持ちです。

 

心から「感動をありがとう」と言いたいですね。

 

このブログは、生徒募集に役立つ情報という観点で書いていますので、
1つ文章の書き方をお伝えします。

 

今回の浅田真央選手の演技で、あなたはどの部分に感動したのでしょう?
この部分に「感動する」もっとも重要なヒントが隠されています。

 

これはブログやホームページなど文章でも同じです。
ドラマも映画もすべて同じ構成になっています。

 

■感動するポイント1

小さな頃からの浅田真央選手の努力を知っていること。
その人のことをたくさん知れば知るほど、人はその人のことを好きになります。
よって、あなたのピアノ教室でも、この理論を活かしましょう。
あなたの感動したもの、感謝したもの、嬉しかったこと、悲しかったこと、たくさん人に知ってもらえれば、必ず、あなたのことを好きになってくれます。

 

■感動するポイント2

つらい体験を最初に書き、最後はハッピーエンドで。
感動するには、一度、凹む必要があります。今回のオリンピックでの浅田真央選手の場合、初日の演技ですよね。
失敗をして辛い思いをしています。
そして、フリーでは完璧な演技。涙と笑顔が凄く印象的でした。
また長期的にはスランプの時期があって、最後のオリンピックで最高の演技をしました。
このように、辛い体験をして最後にハッピーエンドになると、人間はものすごく感動します。

これが、例えばキム・ヨナ選手のような完璧な演技だと、あまり感動しないんですよ。
ショートも完璧、フリーも完璧。「凄い」って思うけれども、「自分とはちょっと違うなぁ」って思ってしまうんです。

感情移入をさせるには、人間味を出すことです。
自分と同じ、1人の人間なんだって思わすことです。そこに共感がうまれ、
どんどん応援したくなるのです。

 

よってブログやホームページで、この感動のプログラム要素を取り入れましょう。

 

たくさん、辛かった経験・努力していたことを書いてみてください。
そこで、まず文章の構成として凹ませます。

そして、文章の後半部分では、そのすべての経験が今の自分の糧となり、
一生懸命人生を楽しく生きているんだとアピールしてみてください。

 

最後はハッピーエンドで。

これが最も感動する文章の黄金ルールです。

 - ブログ , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
ピアノの先生は、どこまでビジネスの勉強をすればいいのだろうか?

ピアノの先生は、どこまでビジネスの勉強をすればいいのだろうか? 確かに、マーケテ …

no image
チラシの勉強をまったくしないで、反響を3倍以上増やす方法

チラシの勉強をまったくしないで、反響を3倍以上増やす方法知っていますか? チラシ …

no image
顧客生涯価値を考える

こんにちは。咲本です。このブログは、ピアノ教室で成功したい方を応援することが目的です。たくさんのピアノ教室運営のヒントを掲載していきたいと思います。私の知っている知識

パーソナルブランディングを高める時代です

この前、かすなびのオフ会に参加したことを書きましたが、その後ツイッターを使ってい …

no image
支援物資「ランドセル送った奴は、もうちょっと頭使えよ!!! 」

迷惑を掛けに行く自称「災害ボランティア」達。全国から自己満足で送ってくる支援物資 …

no image
仕事とは何なのか?iPhone修理をしていて感じたこと

今年の1月11日から、春日部にあるうちの事務所でiPhone修理の仕事も始めまし …

no image
ピアノ教室の発表会でも他にはない特徴・強みをつくる

今日は、発表会プログラムの印刷を朝から会社でしていました。今回は300枚印刷しました。習っている生徒さんには、高級感のある厚い用紙に印刷されたプログラムを渡し、発表会に見

ピアノ教室でも使われている心理学「返報性の法則」

「返報性の法則」という言葉を、ご存知でしょうか?   これは、難しい言 …

no image
大阪近辺にお住まいのピアノ講師の方へ、生徒募集に特化したセミナーのお知らせ

  生徒募集で真剣に悩んでいる、またはもっと問い合わせがきてほしいと願 …

no image
明日はピアノ教室の発表会

写真は、プロのカメラマンにお任せ。私はビデオ撮影担当です。 発表会は、少ない人数 …