ピアノ教室のホームページ制作はもちろん、生徒が集まる募集方法を教えています。

ピアノ教室専門ホームページ制作ドットコム

相互リンクは効果薄。検索上位に表示する方法は?

      2014/05/22

最近のホームページ関係で大きなニュースと言えば、グーグルが相互リンクをスパムと断定したことでしょうか。

 

昔はかなり有効だったSEO対策も時代と共に、効果が薄れたり、また禁止事項になったりします。
ウェブ制作の仕事を好きでしているので、勝手にこのようなニュースは読んでしまうのですが、普通のピアノの先生達は、スルーしてしまうニュースのような気がします。

 

これからコンサルをしていく先生達には、相互リンク集のページは作らないようにお伝えしていこうと思います。

 

今回の「グーグルが相互リンクをスパムとする」ということは、被リンク重視の検索エンジンから、ソーシャル重視の検索エンジンに変化してきているということです。

 

今までは相手からのリンク数が多いほうが検索上位に来ると言われていました。
しかし、徐々にそうなってきていますが、Facebook、グーグル+、ツイッターなどSNSと言われている場所で話題にされているかどうかが、かなり重要になってくるということですね。

各個人が推薦するホームページが上位表示されるようになるということです。

 

生徒さんのご両親、生徒さん自身、他にもピアノ講師仲間、たくさんの個人に推薦されるような教室づくりを心がけましょう。
そうすれば、いままでどおり、検索上位表示は維持できるはずです。

 

では、その具体的手法は?

 

やはり、たくさん生徒さんの写真や動画をアップするということです。
結局、いままでとやるべきことは変わりません。

 

「検索上位にするSEO対策しませんか?」などの営業電話はすべて断りましょう。

 

コツコツと、生徒さんや親御さんとの交流をホームページやブログで公開していけば、自然と検索上位になり、自然と問い合わせは集まるようになるのです。


ブログ村には勉強になるピアノの先生達のブログがたくさんあります。
是非、クリックして読んでみてください。
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村

 

初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら「ブログリーダー登録」やFacebookで「いいね!」よろしくお願いします。

 - ブログ, 検索上位方法 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

no image
共感をもってもらうことを意識する。そのために書くべきこと

ブログは、ピアノ教室を探している保護者の方達に共感していただくために、書いている …

no image
1回聴いたら、ファンになる。正直かっこいい・・・

この小学6年生の演奏は何度も聞いてしまいます。 この子の演奏は、本当にかっこいい …

no image
結果はコントロールすることができません。でも、その過程であるプロセスは、コントロールすることができるのです。

以前、ブログで「生徒募集でどのように頑張るか・・・その設計図が重要です」という記 …

no image
本日は、書斎の引越し作業

自宅のサンルームを書斎にして、ブログを書いたりウェブ制作していたりするのですが、さすがに夏は暑そうなので、引っ越すことにしました。といっても他に空いている部屋はありま

no image
ユーチューブは生徒募集に効果あり

ピアノ教室とユーチューブは、かなり相性がいいと思っています。音楽は世界共通なので …

誰でも簡単にランキング上位になる方法、しかし不正な方法です

あなたは、いままで「このランキング、なんかおかしい・・・」と思ったことはないでし …

no image
今のピアノ教室をさらに発展させるために、小売業・製造業の発想を取り入れる

こんにちは。咲本です。 ブログ村には勉強になるるピアノの先生達のブログがたくさん …

no image
同業者以外の社長から経営を学べ!

ピアノの先生は、いってみれば個人事業主。1つの会社の社長と同じ役割です。営業活動 …

no image
驚きました。ピアノ教室に2日間で15件以上のお問い合わせの電話がなった媒体とは?

こんばんは、咲本です。 メルマガ、ご無沙汰している方も多いかもしれませんね。 最 …

no image
「うちのホームページはイマイチだけど、ピアノの教え方・情熱では負けないわ」

ホームページから伝わるものが、見ている人にとってはすべてです。   こ …