ピアノ教室のホームページ制作はもちろん、生徒が集まる募集方法を教えています。

ピアノ教室専門ホームページ制作ドットコム

ピアノ教室に問い合わせが集まる理想的な記事の書き方

   

ホームページからたくさんの問い合わせがくる為には、検索上位にくる以外方法はありません。ではどうしたら検索上位に表示されるようになるのか?
答えは、「ピアノ教室に興味がある人にとって良質な記事や動画を増やすこと」です。
自分がコンサルしている先生達にwordpressというシステムを提供しているのは、独自ドメイン内に簡単に記事を増やす仕組みがあるからです。
しかし、良質な記事は先生の努力にかかってきます。

では何が良質な記事なのか?良質な記事の定義を理解する必要があります。

最低条件:最低500文字以上、理想は800文字以上で「ピアノ教室」や「地域名」が入った記事を増やす
まずは、文字数が最低500文字以上のボリュームになっていないとグーグルは1記事としてカウントしません。よって最低500文字、理想は800文字以上です。ピアノ教室に興味を持っている人に検索されることが目的なので、記事内に、できればタイトルに「ピアノ教室」や「地域名」を入れる必要があります。

次は内容について説明しますね。
大きくわけると3つあります。
1「ハウ・トゥー」
2「ケーススタディー」
3「ニュース」

1「ハウ・トゥー」
「ピアノを上手に弾けるようになる為の練習方法」、
「自宅で自然に子供がピアノ練習するコミュニケーション術」
「ゲーム感覚でピアノが上達するおもしろレッスンアイテム」
「ピアノ教室に取り入れているコーチングレッスンとは?」
こんなタイトルでしっかりした記事だとかなり検索されます。

2「ケーススタディー」
成功事例や失敗事例
「〇〇音大に合格!どのような練習が大切か聞いてみました。」
「保育士試験に合格!合格のポイントを公開」
成功事例なども大変人気の高いコンテンツです。

3「ニュース」
「春日部市の藤まつりに行ってきました。」
「春日部市にある〇〇パン屋さんが美味しい!」
「第3回ピアノ発表会を春日部市民文化会館で開催!」
「〇〇ちゃん、ピアノ練習頑張っています」
「〇〇ちゃん、合唱祭伴奏に選ばれました!」
地域の人達が記事を読むことで「あっ、ここにピアノ教室あったんだ」と知ってもらうきっかけになります。

自分は本当に内容の濃い記事であれば、1つの記事に3時間くらいかけてもいいと思っています。
ピアノ教室を運営していく限り、記事は永遠に残り、その記事からお問い合わせに結びつきますので。

では皆さん、引き続きブログ更新頑張ってくださいね!

 - ブログ, ブログ記事の書き方 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

no image
接触回数を増えれば自然と生徒は増えていきます。ブログで面白い文章を書くコツ

  こんにちは、咲本です。   不動産関係で読んでいるブログ …

no image
ピアノ教室関連のアイデアが湧いてくる。。。

今日、嫁とサイゼリヤでお昼を食べながら、ピアノ教室の今後の展開を話していると、ど …

no image
とにかく信じて黙々としばらくは頑張ろう・・・その結果得られたものは・・・

このブログを書き始めて半年が過ぎましたが、また嬉しいメールが届きました。 ブログ …

フェイスブック画像
フェイスブックは現実の世界と近い

今後、ネット社会での実名利用率は、どんどん増えていくことになるでしょう。 &nb …

no image
ピアノビル、こんな姿に。。。

この数ヶ月は本当に忙しかった。そして、これから数ヶ月も忙しいだろうなと思う。ピア …

no image
バッハの名曲を奏でる木琴がすごい

NTTドコモのCMがすごい。まずは、これを見てほしい。http://answer.nttdocomo.co.jp/touchwood/#play木琴の優しい音色がいい感じです。撮影大変だっただろうな・・・。水のせせらぎと木琴の音色で

no image
ピアノ講師達とのやり取りはチャットワークを活用しています。

今回は、講師連絡用に使っているツールをご紹介したいと思います。   う …

no image
東日本大震災の支援はまだまだ続きます。みんなでがんばりましょう!

発表会で集まった募金を生徒さんに渡しました。   今回の募金額は、25 …

ピアノ教室の売上を上げるための3つの方法

売上は、「顧客数×購入単価×購入頻度」で表すことができます。   顧客 …

no image
結果はコントロールすることができません。でも、その過程であるプロセスは、コントロールすることができるのです。

以前、ブログで「生徒募集でどのように頑張るか・・・その設計図が重要です」という記 …