ピアノ教室のホームページ制作はもちろん、生徒が集まる募集方法を教えています。

ピアノ教室専門ホームページ制作ドットコム

チラシの勉強をまったくしないで、反響を3倍以上増やす方法

   

チラシの勉強をまったくしないで、反響を3倍以上増やす方法知っていますか?

チラシには、成功法則があります。反響のいいチラシは大抵その成功法則に則って作られています。

広告の勉強をしたことがない人にとって、ゼロから文章を考えて、興味を持って読んでもらう文章を書くことは、
なかなか難しいことですよね。

文章力をアップしていくことは、時間がかかります。
でも、まったく文章力をアップさせる勉強をすることなく、チラシからの反響を3倍にする方法がありました。

それはですね。

「生徒さんの声」です。

です。

もちろん、ただ載せるだけではあまり効果がありません。

ちょっと意識して載せるだけでかなりの反響アップが見込めるようになります。

次の3つの条件を満たすことで、
反響が増えます。これは間違いありませんね。

(1)できるだけインパクトのある生徒の声を
(2)できるだけリアリティのある形式で
(3)できるだけ大量に載せる

この3つの条件を満たすことが必要です。

1.インパクトのある生徒さんの声。

たとえば、
「3か月で、ジョンレノンのイマジンが弾けるようになりました!
今は新しい曲にチャレンジしていて、ピアノにハマってしまいました。
楽しい趣味が見つかってよかったです。 大人の生徒さんY様」
「子供が絶対音感トレーニングを1年続けていますが、3音同時でもすべて聞き分けられるようになりました!
英会話も習っているのですが、耳が良くなったせいか、発音も良くなっているように感じます。
他の勉強でも集中力が昔よりついたみたいです! Mくんのお母さんより」

など。

こんな具体的でインパクトのある生徒さんの声があったら、間違いなく反響率がアップするでしょう。

2.できるだけリアリティのある形式で。

これは、一番わかりやすいのは手紙をそのまま写真で撮り、載せるという方法ですね。
パソコンで打ったものだと、どうしても疑われやすいですね。
真実味が薄れます。その点、手紙やアンケートをそのまま、載せれば、間違いなく本物だと思われますので、リアリティがアップします。

3.できるだけ大量に載せる。

質ももちろん大事です。でも量はもっと大事な要素だと思います。

1人からの声が載っているホームページと、100人の生徒さんの顔と手紙が載っているホームページ。どちらがいいか?
どう考えても100人のほうですよね。

数で圧倒すれば、それだけで説得力が増すのです。

もしチラシに何を載せていいかわからない場合、裏面は全部「生徒さんの声」でもいいと思います。
信頼関係がないと生徒さんの声も集められませんが、生徒さんの声から教室の雰囲気が伝われば、きっと今までの3倍以上の問い合わせがくるはずです。


ブログ村には勉強になるピアノの先生達のブログがたくさんあります。
是非、クリックして読んでみてください。
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村

 

初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら「ブログリーダー登録」やFacebookで「いいね!」よろしくお願いします。

 - ブログ , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

no image
ドラマ「JIN-仁-」の「橘家のお弁当」を食べて感じた購買心理

明日、娘が誕生日なので、本日は1日前ですが母の家で誕生日パーティーをする予定です …

no image
大阪近辺にお住まいのピアノ講師の方へ、生徒募集に特化したセミナーのお知らせ

  生徒募集で真剣に悩んでいる、またはもっと問い合わせがきてほしいと願 …

ピアノ教室でも使われている心理学「返報性の法則」

「返報性の法則」という言葉を、ご存知でしょうか?   これは、難しい言 …

no image
ピアノ教室関連のアイデアが湧いてくる。。。

今日、嫁とサイゼリヤでお昼を食べながら、ピアノ教室の今後の展開を話していると、ど …

no image
誰に検索してほしいかを考えてから、ブログを書く

もし、普段の生活日記なら、すきなことを書けばいいでしょう。しかし、もし仕事に結び …

no image
ピアノ教室に問い合わせが集まる理想的な記事の書き方

ホームページからたくさんの問い合わせがくる為には、検索上位にくる以外方法はありま …

no image
ピアノ教室復活支援会「希望」本当に今、必要なことなのか?

東日本大震災 ピアノ教室復活支援会 「希望」 というボランティアグループがありま …

no image
ピアノ教室のチラシで失敗するパターンは・・・のタイミングが間違っている

前回、チラシの内容によって問い合わせがぜんぜん変わってくることを伝えました。 今 …

no image
ピアノ講師達とのやり取りはチャットワークを活用しています。

今回は、講師連絡用に使っているツールをご紹介したいと思います。   う …

no image
顧客生涯価値を考える

こんにちは。咲本です。このブログは、ピアノ教室で成功したい方を応援することが目的です。たくさんのピアノ教室運営のヒントを掲載していきたいと思います。私の知っている知識