ピアノ教室のホームページ制作はもちろん、生徒が集まる募集方法を教えています。

ピアノ教室専門ホームページ制作ドットコム

ピアノ教室の発表会でも他にはない特徴・強みをつくる

      2014/10/10

今日は、発表会プログラムの印刷を朝から会社でしていました。

今回は300枚印刷しました。習っている生徒さんには、高級感のある厚い用紙に印刷されたプログラムを渡し、発表会に見に来られた方用に普通のカラー用紙のプログラムを印刷しました。

ちなみに表紙はこんな感じです。

A3サイズなのでかなり迫力があります。

裏面には、生徒さん全員の名前と、今回の発表会で特別ゲストとして演奏していただくピアノニスト中島剛くんのプロフィールを掲載しています。

中島剛くんは、妻が高校生の時、同じ門下生だったので友情出演してくれることになりました。高校時代はよきライバルだったようです(笑
中島剛くんのプロフィールはこちら。

今でも、先生の誕生日など門下生が集まり食事会などしています。今回の発表会では30分ぐらい演奏していただくことになりました。

よってピアノ教室発表会+中島剛コンサートという感じです。
さらに、今回は東日本大震災で大変な思いをされている方のために、チャリティ発表会という趣旨もあります。
募金箱を設置して、義援金を送れればと思っています。
募金活動状況はこちらです。

発表会のプログラムを開くとこんな感じになっています。

2年に1回発表会を行っていますが、発表会のプログラムをつくるとつくづく、「生徒さんが増えたな~」と感じます。ありがたいことですね。

1つこのブログの趣旨であるピアノ教室運営ノウハウを書くとすれば・・・
発表会は、発表する生徒さん自身も満足するイベントですが、ピアノ教室のことを一番アピールできる広告宣伝の場所でもあるということです。

是非、生徒さんの保護者以外にもたくさんの人が観に来れるような仕掛けをしてください。

教室運営といっしょで、発表会でも普通の発表会にはない特徴・強みを作る必要があります。
うちの教室は、妻の人脈を使いプロのピアニストを呼ぶことができました。これであれば、「無料でピアニストの演奏が聴けるから、行ってみようかしら・・・」となる人もいるかもしれませんね。

内輪だけの発表会では勿体無いです。できるかぎり、たくさん告知をして一般の人達も見にくるようにイベントを盛り上げましょう。それが、次の生徒募集につながります。

ちょっとでも役にたったら、こちらをクリック!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら「ブログリーダー登録」や「読者登録」よろしくお願いします。

 - ブログ , , , ,

  関連記事

no image
アップルから新発売「iSteve」

面白かったのでアップします^^アップルCEOの伝記が来年出版するらしいです。そのタイトルは「iSteve」(アイステーブ)・・・。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110412-00000591-reu-bus_allや

no image
ピアノ講師はあまり知らない文章を書くときの黄金ルール

昨日の浅田真央選手の演技は、本当に感動しました。   4年間の努力・練 …

no image
ピアノの先生は、どこまでビジネスの勉強をすればいいのだろうか?

ピアノの先生は、どこまでビジネスの勉強をすればいいのだろうか? 確かに、マーケテ …

no image
ピアノ教室関連のアイデアが湧いてくる。。。

今日、嫁とサイゼリヤでお昼を食べながら、ピアノ教室の今後の展開を話していると、ど …

no image
水曜日午前中はチラシ配りの日

水曜日、午前中はチラシ配りの日です。 うちのピアノ教室では、そんなルールがありま …

no image
行動してみる。すると目標が見えてくる。

どんな人でも、はじめてのことをするとき、目標なんて見つからないことが普通です。逆 …

お客様は増やすということは、あなたのファンを増やすということ

お客様は神様ではありません。断言します。この考えがあることによって、変なことが起 …

no image
ユーチューブは生徒募集に効果あり

ピアノ教室とユーチューブは、かなり相性がいいと思っています。音楽は世界共通なので …

no image
共感をもってもらうことを意識する。そのために書くべきこと

ブログは、ピアノ教室を探している保護者の方達に共感していただくために、書いている …

no image
今のピアノ教室をさらに発展させるために、小売業・製造業の発想を取り入れる

こんにちは。咲本です。 ブログ村には勉強になるるピアノの先生達のブログがたくさん …