ピアノ教室のホームページ制作はもちろん、生徒が集まる募集方法を教えています。

ピアノ教室専門ホームページ制作ドットコム

ピアノ教室の発表会でも他にはない特徴・強みをつくる

      2014/10/10

今日は、発表会プログラムの印刷を朝から会社でしていました。

今回は300枚印刷しました。習っている生徒さんには、高級感のある厚い用紙に印刷されたプログラムを渡し、発表会に見に来られた方用に普通のカラー用紙のプログラムを印刷しました。

ちなみに表紙はこんな感じです。

A3サイズなのでかなり迫力があります。

裏面には、生徒さん全員の名前と、今回の発表会で特別ゲストとして演奏していただくピアノニスト中島剛くんのプロフィールを掲載しています。

中島剛くんは、妻が高校生の時、同じ門下生だったので友情出演してくれることになりました。高校時代はよきライバルだったようです(笑
中島剛くんのプロフィールはこちら。

今でも、先生の誕生日など門下生が集まり食事会などしています。今回の発表会では30分ぐらい演奏していただくことになりました。

よってピアノ教室発表会+中島剛コンサートという感じです。
さらに、今回は東日本大震災で大変な思いをされている方のために、チャリティ発表会という趣旨もあります。
募金箱を設置して、義援金を送れればと思っています。
募金活動状況はこちらです。

発表会のプログラムを開くとこんな感じになっています。

2年に1回発表会を行っていますが、発表会のプログラムをつくるとつくづく、「生徒さんが増えたな~」と感じます。ありがたいことですね。

1つこのブログの趣旨であるピアノ教室運営ノウハウを書くとすれば・・・
発表会は、発表する生徒さん自身も満足するイベントですが、ピアノ教室のことを一番アピールできる広告宣伝の場所でもあるということです。

是非、生徒さんの保護者以外にもたくさんの人が観に来れるような仕掛けをしてください。

教室運営といっしょで、発表会でも普通の発表会にはない特徴・強みを作る必要があります。
うちの教室は、妻の人脈を使いプロのピアニストを呼ぶことができました。これであれば、「無料でピアニストの演奏が聴けるから、行ってみようかしら・・・」となる人もいるかもしれませんね。

内輪だけの発表会では勿体無いです。できるかぎり、たくさん告知をして一般の人達も見にくるようにイベントを盛り上げましょう。それが、次の生徒募集につながります。

ちょっとでも役にたったら、こちらをクリック!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら「ブログリーダー登録」や「読者登録」よろしくお願いします。

 - ブログ , , , ,

  関連記事

no image
顧客生涯価値を考える

こんにちは。咲本です。このブログは、ピアノ教室で成功したい方を応援することが目的です。たくさんのピアノ教室運営のヒントを掲載していきたいと思います。私の知っている知識

no image
ピアノ教室のチラシで失敗するパターンは・・・のタイミングが間違っている

前回、チラシの内容によって問い合わせがぜんぜん変わってくることを伝えました。 今 …

誰でも簡単にランキング上位になる方法、しかし不正な方法です

あなたは、いままで「このランキング、なんかおかしい・・・」と思ったことはないでし …

no image
ピアノ教室に長く通ってもらうには、信頼関係を築く以外に方法はない

ブログで、ピアノ教室運営に関する様々な集客方法を紹介しています。 これらのことを …

no image
生徒が集まるピアノ教室チラシ作りのコツ

1.チラシ効率の平均値を知らない 2.他の教室と同じようなチラシを、他の教室と同 …

no image
チラシの勉強をまったくしないで、反響を3倍以上増やす方法

チラシの勉強をまったくしないで、反響を3倍以上増やす方法知っていますか? チラシ …

no image
時には、反感を恐れず、勇気を持って発言しましょう

コメントが届いたので、返信します。 「怒っています」さんからのコメント さくらら …

悩み
ピアノ教室運営相談Cさん編

こんにちは。咲本です。 今、ちょっといろいろなウェブサイトを作っています。また、 …

勇気
第1歩を踏み出して継続することが、どれだけ勇気のいることか・・・

私は、何か新しいことを始める人を尊敬する。同じことを黙々と継続できることも同様に …

no image
「希望」という同じピアノ教室仲間を助けたいという気持ちは本当にすばらしいと思っているんです

すごく為になるコメントを頂いたので、この返信をブログで書きたいと思います。 前回 …