ピアノ教室のホームページ制作はもちろん、生徒が集まる募集方法を教えています。

ピアノ教室専門ホームページ制作ドットコム

とにかく信じて黙々としばらくは頑張ろう・・・その結果得られたものは・・・

      2011/05/18

このブログを書き始めて半年が過ぎましたが、また嬉しいメールが届きました。
ブログは即効性のあるツールではありませんが、半年ほど継続していれば成果は必ずでるツールだと思っています。
今回は、Eピアノ教室さんから頂いた嬉しいメールをご紹介します。

 

Eピアノ教室さんより嬉しいメール

お早うございます(*^^*)
いつも、咲本さんのブログを楽しみに読ませて頂いています♪

咲本さんのブログアドバイスをネットで見つけてから直ぐに、何も解らない状態でしたが、
とにかくアメブロを立ち上げて5ヵ月が過ぎました。
最初の数ヶ月は何の反応もなく、誰か私の文章など読んでくれている人がいるのかな…
と少し虚しくなる事もありましたが、とにかく信じて黙々としばらくは頑張ろうという思いで日々更新していました。
4月に入ってから、バタバタと問い合わせがあり4月だけで5人体験レッスンをして全員入会して頂けました(*^^*)
今週の金曜日にはまた1人体験レッスンが入っています。
全員ネットからのお問い合わせです!
今まで引っ越し続きで、生徒さんも一桁代の人数…
私のやる気だけが空回り状態(笑)でしたが少しずつ教室が良い方向に動きつつあります。
咲本さんとネットで出会えて色々教えて頂いて本当に良かったな(*^^*)
とにかく嬉しい気持ちを伝えたくてメッセージさせて頂きました

 

咲本から返信メール

こんにちは。
咲本です。

ブログ読んでいてくださり、ありがとうございます。
また、嬉しいメールありがとうございます。

4月で5人の入会すごいじゃないですか!

ブログは生徒募集にすごく効果的なのですが、
みなさん、内容がピアノ教室とかけ離れたことばかり書いていたり、
継続できなかったり・・・

これからもブログを楽しみながら、継続していってくださいね。


Eピアノ教室さんと、このメールの後もやりとりをさせていただいています。
その中で「私自身はブログを書く事事態が仕事なんだと思って取り組んでいます」というメッセージがありました。

 

これはすごくいい。
「ピアノ教室のことを知ってもらう」ということは、とても大切な仕事の1つです。
趣味で書くというよりも、ピアノのこと、音楽のこと、自分自身のことを、仕事として書くというイメージのほうが、良いブログを書き続けることができるような気がします。
気持ちのこもったメッセージを伝えていってください。そしてたまには、あなたのプライベートなことも、書き綴ってください。
それがいつかあなたの教室のブランドになります。

ピアノを教えることと同じで、楽しみながら継続していってくださいね。

 - ブログ , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

no image
「希望」という同じピアノ教室仲間を助けたいという気持ちは本当にすばらしいと思っているんです

すごく為になるコメントを頂いたので、この返信をブログで書きたいと思います。 前回 …

no image
ピアノ教室の発表会でも他にはない特徴・強みをつくる

今日は、発表会プログラムの印刷を朝から会社でしていました。今回は300枚印刷しました。習っている生徒さんには、高級感のある厚い用紙に印刷されたプログラムを渡し、発表会に見

no image
ピアノの先生は、どこまでビジネスの勉強をすればいいのだろうか?

ピアノの先生は、どこまでビジネスの勉強をすればいいのだろうか? 確かに、マーケテ …

no image
時には、反感を恐れず、勇気を持って発言しましょう

コメントが届いたので、返信します。 「怒っています」さんからのコメント さくらら …

no image
この企業は「アナログの良さ」と「デジタルの良さ」を本当に理解しているな

「さすがだな」と思ったこと。 僕はメルマガの配信に「オートビズ」というサービスを …

no image
チラシの反応がないと思っている人のパターンは3つ

ブログ村には勉強になるるピアノの先生達のブログがたくさんあります。 是非、クリッ …

no image
折込チラシでピアノ教室の生徒さんが15人ぐらい増えた。さらに・・・

また、何か新しいことをしたいと思ったので、メルマガの配信を復活しようかと思います …

no image
誰に検索してほしいかを考えてから、ブログを書く

もし、普段の生活日記なら、すきなことを書けばいいでしょう。しかし、もし仕事に結び …

no image
共感をもってもらうことを意識する。そのために書くべきこと

ブログは、ピアノ教室を探している保護者の方達に共感していただくために、書いている …

no image
同業者以外の社長から経営を学べ!

ピアノの先生は、いってみれば個人事業主。1つの会社の社長と同じ役割です。営業活動 …