ピアノ教室のホームページ制作はもちろん、生徒が集まる募集方法を教えています。

ピアノ教室専門ホームページ制作ドットコム

とにかく信じて黙々としばらくは頑張ろう・・・その結果得られたものは・・・

      2011/05/18

このブログを書き始めて半年が過ぎましたが、また嬉しいメールが届きました。
ブログは即効性のあるツールではありませんが、半年ほど継続していれば成果は必ずでるツールだと思っています。
今回は、Eピアノ教室さんから頂いた嬉しいメールをご紹介します。

 

Eピアノ教室さんより嬉しいメール

お早うございます(*^^*)
いつも、咲本さんのブログを楽しみに読ませて頂いています♪

咲本さんのブログアドバイスをネットで見つけてから直ぐに、何も解らない状態でしたが、
とにかくアメブロを立ち上げて5ヵ月が過ぎました。
最初の数ヶ月は何の反応もなく、誰か私の文章など読んでくれている人がいるのかな…
と少し虚しくなる事もありましたが、とにかく信じて黙々としばらくは頑張ろうという思いで日々更新していました。
4月に入ってから、バタバタと問い合わせがあり4月だけで5人体験レッスンをして全員入会して頂けました(*^^*)
今週の金曜日にはまた1人体験レッスンが入っています。
全員ネットからのお問い合わせです!
今まで引っ越し続きで、生徒さんも一桁代の人数…
私のやる気だけが空回り状態(笑)でしたが少しずつ教室が良い方向に動きつつあります。
咲本さんとネットで出会えて色々教えて頂いて本当に良かったな(*^^*)
とにかく嬉しい気持ちを伝えたくてメッセージさせて頂きました

 

咲本から返信メール

こんにちは。
咲本です。

ブログ読んでいてくださり、ありがとうございます。
また、嬉しいメールありがとうございます。

4月で5人の入会すごいじゃないですか!

ブログは生徒募集にすごく効果的なのですが、
みなさん、内容がピアノ教室とかけ離れたことばかり書いていたり、
継続できなかったり・・・

これからもブログを楽しみながら、継続していってくださいね。


Eピアノ教室さんと、このメールの後もやりとりをさせていただいています。
その中で「私自身はブログを書く事事態が仕事なんだと思って取り組んでいます」というメッセージがありました。

 

これはすごくいい。
「ピアノ教室のことを知ってもらう」ということは、とても大切な仕事の1つです。
趣味で書くというよりも、ピアノのこと、音楽のこと、自分自身のことを、仕事として書くというイメージのほうが、良いブログを書き続けることができるような気がします。
気持ちのこもったメッセージを伝えていってください。そしてたまには、あなたのプライベートなことも、書き綴ってください。
それがいつかあなたの教室のブランドになります。

ピアノを教えることと同じで、楽しみながら継続していってくださいね。

 - ブログ , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

no image
水曜日午前中はチラシ配りの日

水曜日、午前中はチラシ配りの日です。 うちのピアノ教室では、そんなルールがありま …

パーソナルブランディングを高める時代です

この前、かすなびのオフ会に参加したことを書きましたが、その後ツイッターを使ってい …

no image
ピアノ教室復活支援会「希望」本当に今、必要なことなのか?

東日本大震災 ピアノ教室復活支援会 「希望」 というボランティアグループがありま …

no image
驚きました。ピアノ教室に2日間で15件以上のお問い合わせの電話がなった媒体とは?

こんばんは、咲本です。 メルマガ、ご無沙汰している方も多いかもしれませんね。 最 …

no image
相互リンクは効果薄。検索上位に表示する方法は?

最近のホームページ関係で大きなニュースと言えば、グーグルが相互リンクをスパムと断 …

誰でも簡単にランキング上位になる方法、しかし不正な方法です

あなたは、いままで「このランキング、なんかおかしい・・・」と思ったことはないでし …

悩み
ピアノ教室運営相談Cさん編

こんにちは。咲本です。 今、ちょっといろいろなウェブサイトを作っています。また、 …

no image
支援物資「ランドセル送った奴は、もうちょっと頭使えよ!!! 」

迷惑を掛けに行く自称「災害ボランティア」達。全国から自己満足で送ってくる支援物資 …

ピアノ教室の売上を上げるための3つの方法

売上は、「顧客数×購入単価×購入頻度」で表すことができます。   顧客 …

no image
ピアノの先生は、どこまでビジネスの勉強をすればいいのだろうか?

ピアノの先生は、どこまでビジネスの勉強をすればいいのだろうか? 確かに、マーケテ …