ピアノ教室のホームページ制作はもちろん、生徒が集まる募集方法を教えています。

ピアノ教室専門ホームページ制作ドットコム

ピアノ教室の売上を上げるための3つの方法

   

売上は、「顧客数×購入単価×購入頻度」で表すことができます。

 

顧客数とは、あなたのピアノ教室に通ってくれている生徒さんの数です。

購入単価とは、あなたの教室の月謝ですね。

購入頻度とは、商品を購入する回数ですから、ピアノ教室でいうとあなたの教室に通った月の数です。たとえば、5年間通った生徒さんの場合は、60ヶ月通ったことになります。簡単にいうとリピートの数となります。

売上は、このように分解することができ、売上を上げるにはこれらの要素をあげるしかないことがわかります。

 

はっきりいうと、ピアノ教室の売上を上げるには、

・生徒さんを増やす

・月謝を上げる

・長く通ってもらう

この3つの方法しかありえないんです。

 

例えばですが、生徒さん10人、月謝7000円、入会してから辞めるまでの平均が3年(36ヶ月)だったとします。

これを売上に直してみると、

10人×7000円×36ヶ月=2,520,000円 252万円になります。

仮に、ちょっと頑張って、各要素を30%ずつ増やすことができたとします。

すると、

13人×9100円×47ヶ月=556万円 2.2倍になるのです!


覚えておいてほしいことは、生徒さんを増やすことだけが、売上を上げる方法ではないということです。もちろん、生徒さんを増やすことは重要です。しかし、生徒さんを10%増やすことも、通ってもらう月数を10%増やすことも、売上という意味ではまったく同じです。

 

うちの教室は、この前の発表会の時点で、生徒さんがちょうど80人でした。この人数から生徒数を10%増やすことってかなり大変です。空いている時間の枠も限られているし、8人の生徒さんに新しく入会してもらうには、広告費も時間もかかるでしょう。しかし、継続率を改善する方法は、まだまだあるかもしれません。もしかしたら、ちょっとした工夫で継続率10%上昇する場合もあります。


10人以下など生徒さんが少ない段階では、生徒数を増やすことと、月謝の改訂が一番売上アップに直結して簡単なことだと思います。生徒さんが増えてきたら、継続率も意識しましょう。生徒さんが少ない段階から、継続率を増やすことを意識する必要はありません。なぜなら、生徒さんが少ない段階では、たくさんの自由な時間があるので、自然に、継続率が高くなるようなサービスをしているからです。優先順位は、生徒募集と月謝改訂が先です。


 - ブログ , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

no image
支援物資「ランドセル送った奴は、もうちょっと頭使えよ!!! 」

迷惑を掛けに行く自称「災害ボランティア」達。全国から自己満足で送ってくる支援物資 …

no image
右サイドバーに人気記事ランキングを追加しました。

こんにちは。咲本です。昨日の夜に、ブログをちょっとカスタマイズしました。右側に人気記事ランキングを追加しています。ACR WEBというところのブログパーツを使っています。http://ww…

no image
さらなる無茶な挑戦「ダンススクール」

今日もバタバタと仕事している咲本です。 新しい事務所ができて、スタッフもいてとな …

勇気
第1歩を踏み出して継続することが、どれだけ勇気のいることか・・・

私は、何か新しいことを始める人を尊敬する。同じことを黙々と継続できることも同様に …

no image
かわいらしいミステイクは好感度アップ

こんにちは。咲本です。 最近、「クスッ」って笑ってしまったブログがあります。それ …

no image
接触回数を増えれば自然と生徒は増えていきます。ブログで面白い文章を書くコツ

  こんにちは、咲本です。   不動産関係で読んでいるブログ …

no image
アップルから新発売「iSteve」

面白かったのでアップします^^アップルCEOの伝記が来年出版するらしいです。そのタイトルは「iSteve」(アイステーブ)・・・。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110412-00000591-reu-bus_allや

no image
「うちのホームページはイマイチだけど、ピアノの教え方・情熱では負けないわ」

ホームページから伝わるものが、見ている人にとってはすべてです。   こ …

no image
「大量の画像データなどを一度に送信する方法」

こんにちは。咲本です。このブログは、ピアノ教室で成功したい方を応援することが目的です。たくさんのピアノ教室運営のヒントを掲載していきたいと思います。私の知っている知識

no image
ピアノ講師達とのやり取りはチャットワークを活用しています。

今回は、講師連絡用に使っているツールをご紹介したいと思います。   う …