ピアノ教室のホームページ制作はもちろん、生徒が集まる募集方法を教えています。

ピアノ教室専門ホームページ制作ドットコム

ピアノ教室の売上を上げるための3つの方法

   

売上は、「顧客数×購入単価×購入頻度」で表すことができます。

 

顧客数とは、あなたのピアノ教室に通ってくれている生徒さんの数です。

購入単価とは、あなたの教室の月謝ですね。

購入頻度とは、商品を購入する回数ですから、ピアノ教室でいうとあなたの教室に通った月の数です。たとえば、5年間通った生徒さんの場合は、60ヶ月通ったことになります。簡単にいうとリピートの数となります。

売上は、このように分解することができ、売上を上げるにはこれらの要素をあげるしかないことがわかります。

 

はっきりいうと、ピアノ教室の売上を上げるには、

・生徒さんを増やす

・月謝を上げる

・長く通ってもらう

この3つの方法しかありえないんです。

 

例えばですが、生徒さん10人、月謝7000円、入会してから辞めるまでの平均が3年(36ヶ月)だったとします。

これを売上に直してみると、

10人×7000円×36ヶ月=2,520,000円 252万円になります。

仮に、ちょっと頑張って、各要素を30%ずつ増やすことができたとします。

すると、

13人×9100円×47ヶ月=556万円 2.2倍になるのです!


覚えておいてほしいことは、生徒さんを増やすことだけが、売上を上げる方法ではないということです。もちろん、生徒さんを増やすことは重要です。しかし、生徒さんを10%増やすことも、通ってもらう月数を10%増やすことも、売上という意味ではまったく同じです。

 

うちの教室は、この前の発表会の時点で、生徒さんがちょうど80人でした。この人数から生徒数を10%増やすことってかなり大変です。空いている時間の枠も限られているし、8人の生徒さんに新しく入会してもらうには、広告費も時間もかかるでしょう。しかし、継続率を改善する方法は、まだまだあるかもしれません。もしかしたら、ちょっとした工夫で継続率10%上昇する場合もあります。


10人以下など生徒さんが少ない段階では、生徒数を増やすことと、月謝の改訂が一番売上アップに直結して簡単なことだと思います。生徒さんが増えてきたら、継続率も意識しましょう。生徒さんが少ない段階から、継続率を増やすことを意識する必要はありません。なぜなら、生徒さんが少ない段階では、たくさんの自由な時間があるので、自然に、継続率が高くなるようなサービスをしているからです。優先順位は、生徒募集と月謝改訂が先です。


 - ブログ , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

no image
5万円のお金を払って参加したビジネスセミナーの話

たまに、私はビジネスセミナーに参加します。ビジネスを成功させるには、インプットは …

no image
生徒が集まるピアノ教室チラシ作りのコツ

1.チラシ効率の平均値を知らない 2.他の教室と同じようなチラシを、他の教室と同 …

かすなびロゴ
かすなびイベント参加の経験から、ピアノ教室の生徒募集を考える

こんにちは。咲本です。 今回は、この前参加した春日部のイベントの話です。 &nb …

no image
ピアノビル、こんな姿に。。。

この数ヶ月は本当に忙しかった。そして、これから数ヶ月も忙しいだろうなと思う。ピア …

no image
あなたのピアノ教室に来る生徒さん、または保護者の方もあなたと同じタイプの人

■「鏡の法則」、「引き寄せの法則」 「鏡の法則」、「引き寄せの法則」という言葉が …

no image
誰に検索してほしいかを考えてから、ブログを書く

もし、普段の生活日記なら、すきなことを書けばいいでしょう。しかし、もし仕事に結び …

no image
接触回数を増えれば自然と生徒は増えていきます。ブログで面白い文章を書くコツ

  こんにちは、咲本です。   不動産関係で読んでいるブログ …

ピアノ教室でも使われている心理学「返報性の法則」

「返報性の法則」という言葉を、ご存知でしょうか?   これは、難しい言 …

no image
相互リンク大募集!!

こんにちは。咲本です。 以前、インターネット上で検索上位に表示させるには、関連性 …

no image
大阪近辺にお住まいのピアノ講師の方へ、生徒募集に特化したセミナーのお知らせ

  生徒募集で真剣に悩んでいる、またはもっと問い合わせがきてほしいと願 …