ピアノ教室のホームページ制作はもちろん、生徒が集まる募集方法を教えています。

ピアノ教室専門ホームページ制作ドットコム

ピアノ教室の売上を上げるための3つの方法

   

売上は、「顧客数×購入単価×購入頻度」で表すことができます。

 

顧客数とは、あなたのピアノ教室に通ってくれている生徒さんの数です。

購入単価とは、あなたの教室の月謝ですね。

購入頻度とは、商品を購入する回数ですから、ピアノ教室でいうとあなたの教室に通った月の数です。たとえば、5年間通った生徒さんの場合は、60ヶ月通ったことになります。簡単にいうとリピートの数となります。

売上は、このように分解することができ、売上を上げるにはこれらの要素をあげるしかないことがわかります。

 

はっきりいうと、ピアノ教室の売上を上げるには、

・生徒さんを増やす

・月謝を上げる

・長く通ってもらう

この3つの方法しかありえないんです。

 

例えばですが、生徒さん10人、月謝7000円、入会してから辞めるまでの平均が3年(36ヶ月)だったとします。

これを売上に直してみると、

10人×7000円×36ヶ月=2,520,000円 252万円になります。

仮に、ちょっと頑張って、各要素を30%ずつ増やすことができたとします。

すると、

13人×9100円×47ヶ月=556万円 2.2倍になるのです!


覚えておいてほしいことは、生徒さんを増やすことだけが、売上を上げる方法ではないということです。もちろん、生徒さんを増やすことは重要です。しかし、生徒さんを10%増やすことも、通ってもらう月数を10%増やすことも、売上という意味ではまったく同じです。

 

うちの教室は、この前の発表会の時点で、生徒さんがちょうど80人でした。この人数から生徒数を10%増やすことってかなり大変です。空いている時間の枠も限られているし、8人の生徒さんに新しく入会してもらうには、広告費も時間もかかるでしょう。しかし、継続率を改善する方法は、まだまだあるかもしれません。もしかしたら、ちょっとした工夫で継続率10%上昇する場合もあります。


10人以下など生徒さんが少ない段階では、生徒数を増やすことと、月謝の改訂が一番売上アップに直結して簡単なことだと思います。生徒さんが増えてきたら、継続率も意識しましょう。生徒さんが少ない段階から、継続率を増やすことを意識する必要はありません。なぜなら、生徒さんが少ない段階では、たくさんの自由な時間があるので、自然に、継続率が高くなるようなサービスをしているからです。優先順位は、生徒募集と月謝改訂が先です。


 - ブログ , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

no image
パソコンのモニターを2つにして作業効率アップ

作業しているパソコンのモニターは2つにしています。これは、単純に作業できるスペースが広くなるので作業効率があがるからです。効率化についていろいろなアイデアが書いてある

no image
2つめのピアノ教室を作るために廃墟のようなビルを買いました

  土地約90坪の3階建てビルを購入しました。本日購入の契約をしたので …

no image
ピアノ講師はあまり知らない文章を書くときの黄金ルール

昨日の浅田真央選手の演技は、本当に感動しました。   4年間の努力・練 …

no image
今のピアノ教室をさらに発展させるために、小売業・製造業の発想を取り入れる

こんにちは。咲本です。 ブログ村には勉強になるるピアノの先生達のブログがたくさん …

no image
水曜日午前中はチラシ配りの日

水曜日、午前中はチラシ配りの日です。 うちのピアノ教室では、そんなルールがありま …

no image
ピアノの先生は、どこまでビジネスの勉強をすればいいのだろうか?

ピアノの先生は、どこまでビジネスの勉強をすればいいのだろうか? 確かに、マーケテ …

かすなびロゴ
かすなびイベント参加の経験から、ピアノ教室の生徒募集を考える

こんにちは。咲本です。 今回は、この前参加した春日部のイベントの話です。 &nb …

パーソナルブランディングを高める時代です

この前、かすなびのオフ会に参加したことを書きましたが、その後ツイッターを使ってい …

no image
「心のこもったおもてなし」をするためには顧客管理が必要です

前回のブログで「ピアノ教室に長く通ってもらうには」という内容の記事を書き、 「信 …

no image
チラシの反応がないと思っている人のパターンは3つ

ブログ村には勉強になるるピアノの先生達のブログがたくさんあります。 是非、クリッ …