ピアノ教室のホームページ制作はもちろん、生徒が集まる募集方法を教えています。

ピアノ教室専門ホームページ制作ドットコム

パーソナルブランディングを高める時代です

   

この前、かすなびのオフ会に参加したことを書きましたが、その後ツイッターを使っていてあることに気づきました。

それは、ツイッターのハンドルネームだけでは、顔が思い出せない人がいるんです。オフ会で話をしているから、ツイッターアカウントを教えてもらっているのに、数日経つと思い出せない・・・。これはまずいですね。自分の記憶力もまずいと思うのですが、もっとまずいと思うのは、私とおなじように、顔とツイッターアカウントが一致してない人達がたくさんいるということです。

これでは、情報を発信する側としてはせっかく会ったのに勿体無いですよね。これからは、パーソナルブランディングを高める時代になります。簡単に言うと、今までは、「私、◯◯株式会社の咲本です」と自己紹介していたものが、「咲本です。仕事は◯◯をやっています」と個人のブランドのほうが重要になるということです。

忘れられないようにする方法は、やっぱり、「顔」をツイッターのアイコンにすることです。似顔絵でも大丈夫です。どんなアイコンより、記憶されるものが「顔写真」なんです。

顔写真のアイコンを使っていると、何かつぶやいたとしても「このつぶやいた人、だれだったっけ?」ということになりません。顔とつぶやきが一致しているので、返信もしやすくなります。

例えば、大きな交流会に出席してたくさんの人と名刺交換したとします。初対面の場合、私たちの脳は顔と名前を覚えることで手一杯になります。交流会が終わり、その後でも交流が深くなる人ってどんな人だと思いますか?

これは、間違いなく「顔と名前」が一致している人です。もちろん、会ったときの印象だったり、話の内容も大切です。でも、顔と名前が一致してないと、その後の交流は始まらないのです。

個人のブランドを高めることが、インターネットによってコストをかけずにできるようになりました。

だから、今活躍している人達は、パーソナルブランディングができている人達です。

不動産会社でも同じです。個人のホームページで自分の営業活動などを発信して、その活動が信頼されれば、どの会社に在籍しているということは関係なく、不動産売買の相談はくることになります。

ピアノ教室の先生の場合も同じです。今は、大手ピアノ教室でピアノを教えている先生も、今から、あなたのファンを作る活動をしていきましょう。そして、その情報を必ずデジタル化して蓄積していきましょう。

そして、そのパーソナルブランディングのベースとなるものが、あなたの「顔」です。

 - ブログ , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

no image
ユーチューブは生徒募集に効果あり

ピアノ教室とユーチューブは、かなり相性がいいと思っています。音楽は世界共通なので …

no image
あなたのピアノ教室に来る生徒さん、または保護者の方もあなたと同じタイプの人

■「鏡の法則」、「引き寄せの法則」 「鏡の法則」、「引き寄せの法則」という言葉が …

no image
ピアノ教室関連のアイデアが湧いてくる。。。

今日、嫁とサイゼリヤでお昼を食べながら、ピアノ教室の今後の展開を話していると、ど …

no image
東日本大震災の支援はまだまだ続きます。みんなでがんばりましょう!

発表会で集まった募金を生徒さんに渡しました。   今回の募金額は、25 …

no image
相互リンクは効果薄。検索上位に表示する方法は?

最近のホームページ関係で大きなニュースと言えば、グーグルが相互リンクをスパムと断 …

誰でも簡単にランキング上位になる方法、しかし不正な方法です

あなたは、いままで「このランキング、なんかおかしい・・・」と思ったことはないでし …

勇気
第1歩を踏み出して継続することが、どれだけ勇気のいることか・・・

私は、何か新しいことを始める人を尊敬する。同じことを黙々と継続できることも同様に …

no image
生徒さんとのたくさんのメールのやり取りはピアノ教室の財産になる

ブログを書くとき、まず、あなたはどのような人に、ブログを読んでもらいたいか考える …

no image
時には、反感を恐れず、勇気を持って発言しましょう

コメントが届いたので、返信します。 「怒っています」さんからのコメント さくらら …

no image
ピアノ教室の発表会でも他にはない特徴・強みをつくる

今日は、発表会プログラムの印刷を朝から会社でしていました。今回は300枚印刷しました。習っている生徒さんには、高級感のある厚い用紙に印刷されたプログラムを渡し、発表会に見