ピアノ教室のホームページ制作はもちろん、生徒が集まる募集方法を教えています。

ピアノ教室専門ホームページ制作ドットコム

共感をもってもらうことを意識する。そのために書くべきこと

      2011/05/18

ブログは、ピアノ教室を探している保護者の方達に共感していただくために、書いているといっても過言ではありません。

共感があると一歩距離が縮まり、親しみがわいてきます。親しみがわくと、さらに他のことでも共感してくれて、どんどん好循環になってきます。
共感を得る方法は、自分の気持ちのこもった文章を書くことが一番ですが、それを助けるものがあります。

それは、
プロフィールです。
例えば、同じ出身地、出身校、血液型、好きな芸能人、よく見るドラマ、好きな映画。

ちょっとしたことでも自分との共通点があると、関心が湧いてきます。すると文章を深くまで読むキッカケとなり、気持ちのこもった文章が届きやすくなるのです。
よって、自分を分かってもらうためにも、プロフィールはできるだけ公表したほうがいいですね。

生徒募集には必ずプラスになりますので、どの範囲までプライバシーを公開して問題ないかを検討して、できるだけ公表してみてください。

例えば、アメブロの場合、プロフィールのページがあります。
このページは本当に重要です。私がピアノの先生のブログを読むときは、まずプロフィールをチェックします。

ピアノ教室を探している保護者の方達もたぶん同じでプロフィールをチェックしていると思います。
また、ホームページやツイッターなども同じでプロフィールこそ、時間をかけて内容の濃いものを書いたほうがいいですね。

プロフィールは、どのブログ記事よりも、読まれる機会が多いです。そのことを意識して、プロフィールを充実させてくださいね。

 - ブログ , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

no image
さらなる無茶な挑戦「ダンススクール」

今日もバタバタと仕事している咲本です。 新しい事務所ができて、スタッフもいてとな …

フェイスブック画像
フェイスブックは現実の世界と近い

今後、ネット社会での実名利用率は、どんどん増えていくことになるでしょう。 &nb …

no image
誰に検索してほしいかを考えてから、ブログを書く

もし、普段の生活日記なら、すきなことを書けばいいでしょう。しかし、もし仕事に結び …

no image
生徒が集まるピアノ教室チラシ作りのコツ

1.チラシ効率の平均値を知らない 2.他の教室と同じようなチラシを、他の教室と同 …

no image
同業者以外の社長から経営を学べ!

ピアノの先生は、いってみれば個人事業主。1つの会社の社長と同じ役割です。営業活動 …

no image
生徒さんとのたくさんのメールのやり取りはピアノ教室の財産になる

ブログを書くとき、まず、あなたはどのような人に、ブログを読んでもらいたいか考える …

no image
お金を払うと本気になる

お金を払うと本気になる。 これは不思議だけれど、ほとんどの人がそうだ。 &nbs …

no image
ピアノ教室運営相談室メンバーの声

今回は、ピアノ教室運営相談室メンバーの声を掲載したいと思います。 このスクール経 …

no image
ブログへのアクセスを増やす方法

こんにちは。咲本です。 ブログへのアクセスを増やす方法について今回書いてみたいと …

no image
支援物資「ランドセル送った奴は、もうちょっと頭使えよ!!! 」

迷惑を掛けに行く自称「災害ボランティア」達。全国から自己満足で送ってくる支援物資 …