ピアノ教室のホームページ制作はもちろん、生徒が集まる募集方法を教えています。

ピアノ教室専門ホームページ制作ドットコム

共感をもってもらうことを意識する。そのために書くべきこと

      2011/05/18

ブログは、ピアノ教室を探している保護者の方達に共感していただくために、書いているといっても過言ではありません。

共感があると一歩距離が縮まり、親しみがわいてきます。親しみがわくと、さらに他のことでも共感してくれて、どんどん好循環になってきます。
共感を得る方法は、自分の気持ちのこもった文章を書くことが一番ですが、それを助けるものがあります。

それは、
プロフィールです。
例えば、同じ出身地、出身校、血液型、好きな芸能人、よく見るドラマ、好きな映画。

ちょっとしたことでも自分との共通点があると、関心が湧いてきます。すると文章を深くまで読むキッカケとなり、気持ちのこもった文章が届きやすくなるのです。
よって、自分を分かってもらうためにも、プロフィールはできるだけ公表したほうがいいですね。

生徒募集には必ずプラスになりますので、どの範囲までプライバシーを公開して問題ないかを検討して、できるだけ公表してみてください。

例えば、アメブロの場合、プロフィールのページがあります。
このページは本当に重要です。私がピアノの先生のブログを読むときは、まずプロフィールをチェックします。

ピアノ教室を探している保護者の方達もたぶん同じでプロフィールをチェックしていると思います。
また、ホームページやツイッターなども同じでプロフィールこそ、時間をかけて内容の濃いものを書いたほうがいいですね。

プロフィールは、どのブログ記事よりも、読まれる機会が多いです。そのことを意識して、プロフィールを充実させてくださいね。

 - ブログ , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

no image
顧客生涯価値を考える

こんにちは。咲本です。このブログは、ピアノ教室で成功したい方を応援することが目的です。たくさんのピアノ教室運営のヒントを掲載していきたいと思います。私の知っている知識

no image
相互リンクは効果薄。検索上位に表示する方法は?

最近のホームページ関係で大きなニュースと言えば、グーグルが相互リンクをスパムと断 …

no image
「うちのホームページはイマイチだけど、ピアノの教え方・情熱では負けないわ」

ホームページから伝わるものが、見ている人にとってはすべてです。   こ …

悩み
ピアノ教室運営相談Cさん編

こんにちは。咲本です。 今、ちょっといろいろなウェブサイトを作っています。また、 …

no image
行動してみる。すると目標が見えてくる。

どんな人でも、はじめてのことをするとき、目標なんて見つからないことが普通です。逆 …

no image
時には、反感を恐れず、勇気を持って発言しましょう

コメントが届いたので、返信します。 「怒っています」さんからのコメント さくらら …

お客様は増やすということは、あなたのファンを増やすということ

お客様は神様ではありません。断言します。この考えがあることによって、変なことが起 …

no image
大阪近辺にお住まいのピアノ講師の方へ、生徒募集に特化したセミナーのお知らせ

  生徒募集で真剣に悩んでいる、またはもっと問い合わせがきてほしいと願 …

no image
生徒さんとのたくさんのメールのやり取りはピアノ教室の財産になる

ブログを書くとき、まず、あなたはどのような人に、ブログを読んでもらいたいか考える …

no image
とにかく信じて黙々としばらくは頑張ろう・・・その結果得られたものは・・・

このブログを書き始めて半年が過ぎましたが、また嬉しいメールが届きました。 ブログ …