ピアノ教室のホームページ制作はもちろん、生徒が集まる募集方法を教えています。

ピアノ教室専門ホームページ制作ドットコム

共感をもってもらうことを意識する。そのために書くべきこと

      2011/05/18

ブログは、ピアノ教室を探している保護者の方達に共感していただくために、書いているといっても過言ではありません。

共感があると一歩距離が縮まり、親しみがわいてきます。親しみがわくと、さらに他のことでも共感してくれて、どんどん好循環になってきます。
共感を得る方法は、自分の気持ちのこもった文章を書くことが一番ですが、それを助けるものがあります。

それは、
プロフィールです。
例えば、同じ出身地、出身校、血液型、好きな芸能人、よく見るドラマ、好きな映画。

ちょっとしたことでも自分との共通点があると、関心が湧いてきます。すると文章を深くまで読むキッカケとなり、気持ちのこもった文章が届きやすくなるのです。
よって、自分を分かってもらうためにも、プロフィールはできるだけ公表したほうがいいですね。

生徒募集には必ずプラスになりますので、どの範囲までプライバシーを公開して問題ないかを検討して、できるだけ公表してみてください。

例えば、アメブロの場合、プロフィールのページがあります。
このページは本当に重要です。私がピアノの先生のブログを読むときは、まずプロフィールをチェックします。

ピアノ教室を探している保護者の方達もたぶん同じでプロフィールをチェックしていると思います。
また、ホームページやツイッターなども同じでプロフィールこそ、時間をかけて内容の濃いものを書いたほうがいいですね。

プロフィールは、どのブログ記事よりも、読まれる機会が多いです。そのことを意識して、プロフィールを充実させてくださいね。

 - ブログ , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

no image
ピアノの先生は、どこまでビジネスの勉強をすればいいのだろうか?

ピアノの先生は、どこまでビジネスの勉強をすればいいのだろうか? 確かに、マーケテ …

no image
同業者以外の社長から経営を学べ!

ピアノの先生は、いってみれば個人事業主。1つの会社の社長と同じ役割です。営業活動 …

no image
ユーチューブは生徒募集に効果あり

ピアノ教室とユーチューブは、かなり相性がいいと思っています。音楽は世界共通なので …

no image
ピアノ教室に長く通ってもらうには、信頼関係を築く以外に方法はない

ブログで、ピアノ教室運営に関する様々な集客方法を紹介しています。 これらのことを …

no image
生徒さんとのたくさんのメールのやり取りはピアノ教室の財産になる

ブログを書くとき、まず、あなたはどのような人に、ブログを読んでもらいたいか考える …

no image
ピアノ教室運営相談室メンバーの声

今回は、ピアノ教室運営相談室メンバーの声を掲載したいと思います。 このスクール経 …

no image
バッハの名曲を奏でる木琴がすごい

NTTドコモのCMがすごい。まずは、これを見てほしい。http://answer.nttdocomo.co.jp/touchwood/#play木琴の優しい音色がいい感じです。撮影大変だっただろうな・・・。水のせせらぎと木琴の音色で

no image
ブログ村ランキング上位の人のブログ、具体的に何を参考にするの?

読者の方から、質問が届いていました。「ランキング上位の人のブログやHPを見たほうがいいと書いてましたが、具体的にどういったところを参考にしたらいいのでしょうか?何人ものブ

no image
誰に検索してほしいかを考えてから、ブログを書く

もし、普段の生活日記なら、すきなことを書けばいいでしょう。しかし、もし仕事に結び …

no image
水曜日午前中はチラシ配りの日

水曜日、午前中はチラシ配りの日です。 うちのピアノ教室では、そんなルールがありま …