ピアノ教室のホームページ制作はもちろん、生徒が集まる募集方法を教えています。

ピアノ教室専門ホームページ制作ドットコム

ブログへのアクセスを増やす方法~つづき~

      2011/05/20

こんにちは。咲本です。

前回の続きです。前回、新規のアクセスを増やすには、「更新回数を増やす」ということを説明しました。でもこの作業は、自分の手間をかけた分がそのまま、アクセスが増えるという図式です。よって、毎日15回とか更新することは肉体的にもちょっと厳しいですよね。

今回は、別の方法です。といっても以前ブログでも説明したことがあります。

新規アクセスを増やすもう1つの方法は・・・

自転車ビアンキ
現在の読者登録数♪

あなたのブログへくるための、入り口を増やすことです。以前、説明した相互リンクです。

 

例えば、私のブログは、「ブログ村のピアノ教室・ピアノ講師人気ランキング」からのアクセスが圧倒的に多いです。これも相互リンクということですよね。こちらからはブログ村へいけるバナーを貼り、その代わりにブログ村のランキングページにリンクを貼ってもらっているという仕組みです。

 

「更新回数を増やす」という方法と比べて、こちらは即効性はありません。しかし、相互リンクには更新回数を増やしてアクセスを上げる方法にはない大きなメリットがあります。

それは、時間が味方になるということ。

更新回数を増やすということは、そのまま労働時間が増えることになります。だから、仮にあなたが病気をして寝込んでいて、更新できなければアクセスは増えません。すぐに昔の状態に戻ってしまいます。

しかし、相互リンクは、あなたが病気でも、今まで通りアクセスを増やしてくれます。最初の半年、相互リンクを頑張って500個作れば、その後、ほぼずっと安定したアクセスが望めます。500個のリンクがあれば、それ自体が立派な資産なのです。まったく更新しなくなれば、アクセスは無くなってしまいますが、適度な更新をしていれば、ずっと半永久的にアクセスを集めることができるんですね。それが相互リンクの強みです。

 

ほとんどの先生は、この重要な部分に気づいていません。この効力を理解していないからです。この効力を理解しているのは、パッと思いつくのは、ma-min先生ぐらいです。これは読者登録の数でわかります。400人以上の読者登録があれば、それだけで毎日ある程度のアクセスは見込めます。

 

私がブログを作って最初にエネルギーをつぎ込むとしたら、相互リンクです。 

今までたくさんのブログサービスを使ってきて、FC2が一番いいと思っていました。ライブドアブログや、楽天ブログ、シーサーブログも使ったことがあります。でも、「個人ピアノ教室運営で主婦が毎月50万円稼ぐ方法」は、アメブロで書いています。この一番の理由は、相互リンクを増やすことを一番簡単にできるからです。

アクセスを増やすことを意識してブログを更新していってくださいね!

 

 - ブログ , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

no image
相互リンク大募集!!

こんにちは。咲本です。 以前、インターネット上で検索上位に表示させるには、関連性 …

パーソナルブランディングを高める時代です

この前、かすなびのオフ会に参加したことを書きましたが、その後ツイッターを使ってい …

no image
ユーチューブは生徒募集に効果あり

ピアノ教室とユーチューブは、かなり相性がいいと思っています。音楽は世界共通なので …

no image
三共標識社という看板詐欺会社にひっかかりました。そして取り返しました。

数日前ですが、うちの妻が看板詐欺にひっかかりました。   その手口は …

no image
ピアノ講師達とのやり取りはチャットワークを活用しています。

今回は、講師連絡用に使っているツールをご紹介したいと思います。   う …

no image
生徒さんとのたくさんのメールのやり取りはピアノ教室の財産になる

ブログを書くとき、まず、あなたはどのような人に、ブログを読んでもらいたいか考える …

ピアノ教室の売上を上げるための3つの方法

売上は、「顧客数×購入単価×購入頻度」で表すことができます。   顧客 …

no image
1回聴いたら、ファンになる。正直かっこいい・・・

この小学6年生の演奏は何度も聞いてしまいます。 この子の演奏は、本当にかっこいい …

no image
「希望」という同じピアノ教室仲間を助けたいという気持ちは本当にすばらしいと思っているんです

すごく為になるコメントを頂いたので、この返信をブログで書きたいと思います。 前回 …

no image
誰に検索してほしいかを考えてから、ブログを書く

もし、普段の生活日記なら、すきなことを書けばいいでしょう。しかし、もし仕事に結び …