ピアノ教室のホームページ制作はもちろん、生徒が集まる募集方法を教えています。

ピアノ教室専門ホームページ制作ドットコム

ブログへのアクセスを増やす方法~つづき~

      2011/05/20

こんにちは。咲本です。

前回の続きです。前回、新規のアクセスを増やすには、「更新回数を増やす」ということを説明しました。でもこの作業は、自分の手間をかけた分がそのまま、アクセスが増えるという図式です。よって、毎日15回とか更新することは肉体的にもちょっと厳しいですよね。

今回は、別の方法です。といっても以前ブログでも説明したことがあります。

新規アクセスを増やすもう1つの方法は・・・

自転車ビアンキ
現在の読者登録数♪

あなたのブログへくるための、入り口を増やすことです。以前、説明した相互リンクです。

 

例えば、私のブログは、「ブログ村のピアノ教室・ピアノ講師人気ランキング」からのアクセスが圧倒的に多いです。これも相互リンクということですよね。こちらからはブログ村へいけるバナーを貼り、その代わりにブログ村のランキングページにリンクを貼ってもらっているという仕組みです。

 

「更新回数を増やす」という方法と比べて、こちらは即効性はありません。しかし、相互リンクには更新回数を増やしてアクセスを上げる方法にはない大きなメリットがあります。

それは、時間が味方になるということ。

更新回数を増やすということは、そのまま労働時間が増えることになります。だから、仮にあなたが病気をして寝込んでいて、更新できなければアクセスは増えません。すぐに昔の状態に戻ってしまいます。

しかし、相互リンクは、あなたが病気でも、今まで通りアクセスを増やしてくれます。最初の半年、相互リンクを頑張って500個作れば、その後、ほぼずっと安定したアクセスが望めます。500個のリンクがあれば、それ自体が立派な資産なのです。まったく更新しなくなれば、アクセスは無くなってしまいますが、適度な更新をしていれば、ずっと半永久的にアクセスを集めることができるんですね。それが相互リンクの強みです。

 

ほとんどの先生は、この重要な部分に気づいていません。この効力を理解していないからです。この効力を理解しているのは、パッと思いつくのは、ma-min先生ぐらいです。これは読者登録の数でわかります。400人以上の読者登録があれば、それだけで毎日ある程度のアクセスは見込めます。

 

私がブログを作って最初にエネルギーをつぎ込むとしたら、相互リンクです。 

今までたくさんのブログサービスを使ってきて、FC2が一番いいと思っていました。ライブドアブログや、楽天ブログ、シーサーブログも使ったことがあります。でも、「個人ピアノ教室運営で主婦が毎月50万円稼ぐ方法」は、アメブロで書いています。この一番の理由は、相互リンクを増やすことを一番簡単にできるからです。

アクセスを増やすことを意識してブログを更新していってくださいね!

 

 - ブログ , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

no image
ピアノ教室経営ですごく重要な世代別人口を理解する

こんにちは、咲本です。 いよいよ7/9(火)セミナーが近づいてまいりました。 申 …

no image
ドラマ「JIN-仁-」の「橘家のお弁当」を食べて感じた購買心理

明日、娘が誕生日なので、本日は1日前ですが母の家で誕生日パーティーをする予定です …

no image
折込チラシでピアノ教室の生徒さんが15人ぐらい増えた。さらに・・・

また、何か新しいことをしたいと思ったので、メルマガの配信を復活しようかと思います …

no image
共感をもってもらうことを意識する。そのために書くべきこと

ブログは、ピアノ教室を探している保護者の方達に共感していただくために、書いている …

no image
同業者以外の社長から経営を学べ!

ピアノの先生は、いってみれば個人事業主。1つの会社の社長と同じ役割です。営業活動 …

no image
ピアノ教室復活支援会「希望」本当に今、必要なことなのか?

東日本大震災 ピアノ教室復活支援会 「希望」 というボランティアグループがありま …

no image
ピアノの先生は、どこまでビジネスの勉強をすればいいのだろうか?

ピアノの先生は、どこまでビジネスの勉強をすればいいのだろうか? 確かに、マーケテ …

no image
ピアノ教室のチラシで失敗するパターンは・・・のタイミングが間違っている

前回、チラシの内容によって問い合わせがぜんぜん変わってくることを伝えました。 今 …

no image
「心のこもったおもてなし」をするためには顧客管理が必要です

前回のブログで「ピアノ教室に長く通ってもらうには」という内容の記事を書き、 「信 …

no image
時には、反感を恐れず、勇気を持って発言しましょう

コメントが届いたので、返信します。 「怒っています」さんからのコメント さくらら …