ピアノ教室のホームページ制作はもちろん、生徒が集まる募集方法を教えています。

ピアノ教室専門ホームページ制作ドットコム

ドラマ「JIN-仁-」の「橘家のお弁当」を食べて感じた購買心理

   

明日、娘が誕生日なので、本日は1日前ですが母の家で誕生日パーティーをする予定です。先ほど、ケーキを買ってきました。昼飯をマックで食べようと思っていたのですが、マックに行く前にケーキ屋さんに寄ってしまった。順番が逆です^^。暑くなってきたので、車の中にケーキを置いておくのも気になったので、昼飯は、急遽マックからコンビニ弁当に変更し、自宅で食べることにしました。

コンビニ弁当は久しぶりです。

何を食べようかお弁当を見ていると・・・気になる弁当を発見。

それが、こちら、「橘家のお弁当」

パッと見ると、普通のお弁当です。しかし、この物語を知っていると価値が変わってきます。

これは、日曜日の夜9時からTBSで放送されているドラマ「JIN-仁-」にでてくる橘家のお弁当です。僕はこのドラマにかなりハマっていて、毎週楽しみにしています。

あらすじですが、

江戸時代へタイムスリップしてしまった現代の脳外科医・南方仁(大沢たかお)が、満足な医療器具もない中で幕末の人々の命を救ったり、その医術を通して幕末の英雄・坂本龍馬(内野聖陽)らとの交流を深めながら、公私に渡り支えとなる橘咲(綾瀬はるか)や吉原の花魁だった野風(中谷美紀)らと共に、自らも幕末の動乱に巻き込まれていく壮大なヒューマンストーリーです。

ドラマを見てない人はちょっとわからないと思うんですけど、橘咲(綾瀬はるか)が作る「揚げ出し」が主人公の南方仁(大沢たかお)の大好物なんです。ドラマを見ているとなんか、食べてみたくなるんですよね。

そして、それが現代のコンビニで売られていたんです!

それが先ほど紹介した、「橘家のお弁当」です。

「おっ、ドラマ-仁-の弁当か。食べてみようかな」おもわず、この弁当を手に取り、レジに行っていました。

今回の記事は、別にお弁当の宣伝をしているわけではありません^^

なぜ、この弁当を購入してしまったかということについて、考えてみたいと思います。この弁当を買うと決断させた一番重要なものがあります。

それがこのラベル。

JIN-仁-のお弁当ラベル このラベルがあるだけで、価値がガラっと変わります。

このラベルがないと本当に普通の弁当です。

たぶん、僕は購入してなかったでしょう。たった1枚のラベルによって、僕は導かれるように、レジにこのお弁当を運んでいたんです。


この経験から感じたことは、決して、「お弁当」という「物」を購入しているわけではないということです。このお弁当に関していえば、僕はドラマ-仁-の物語もいっしょに購入していました。このラベルがあることによって、ドラマの背景を思い出し、「揚げ出し」を食べるときは、南方仁の気持ちで食べているんです。その感情があるから、美味しいと感じたりするんですね。

これはピアノ教室にも当てはまります。以前「商品だけでは共感は得られない」という記事を書きました。

生徒さんや保護者の方達にあなたのピアノ教室の「物語」や「想い」の部分が伝わることによって、あなたの教室は、「普通のピアノ教室」から「特別なピアノ教室」に変わります。「普通のお弁当」から「ドラマ-仁-橘家のお弁当」に変わったように。

「この教室に通おう」と決める重要な要素になるのです。

教室に通ってからも、「こんな気持ちで頑張っている先生のところで教われて嬉しい」と思っています。あなたの想いが伝わっているからこそ、生徒さん達はレッスンに満足するのです。

 

「安道名津」も食べてみたい・・・^^

 


 - ブログ , , , ,

Comment

  1. 外川公子 より:

    私も、Jin-仁-の大ファンです。
    先日の最終回は、出かける用事があったため、録画していますが、まだ見ていません。結末がどうなったのか、気になりながら、時間が確保できません!

    コンビニの店先で「安道奈津」を見つけたときは、思わず衝動買いを思想になりました。

    そのときの手持ちがさびしかったので、思いとどまりましたが、今度見つけたら買おうと思っているのに、最近見かけません。

    本当にそのとおりですよね。
    そのお菓子そのもの、というよりJinのロゴが入っているか、いないかで購買欲がぜんぜん違います。

    うまいなあと思いましたが、そこで自分の戦略!?に使うかどうか。意識が問われますね。.

    • pianohp より:

      コメントありがとうございます。

      Jin、最高に面白いですよね。
      たった一言、メッセージがあるだけで、価値は変わります。その一手間を惜しまず、価値を高めていきたいですね。気の利いた一言は、マーケティングの勉強を続ければ誰でも習得できる技術だと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
この企業は「アナログの良さ」と「デジタルの良さ」を本当に理解しているな

「さすがだな」と思ったこと。 僕はメルマガの配信に「オートビズ」というサービスを …

no image
スクール生徒数合計で184名になりました!

最近、いろいろな事業の話が同時に舞い込んできており、なかなかブログ更新もできませ …

no image
本日は、書斎の引越し作業

自宅のサンルームを書斎にして、ブログを書いたりウェブ制作していたりするのですが、さすがに夏は暑そうなので、引っ越すことにしました。といっても他に空いている部屋はありま

no image
右サイドバーに人気記事ランキングを追加しました。

こんにちは。咲本です。昨日の夜に、ブログをちょっとカスタマイズしました。右側に人気記事ランキングを追加しています。ACR WEBというところのブログパーツを使っています。http://ww…

no image
ピアノ教室に長く通ってもらうには、信頼関係を築く以外に方法はない

ブログで、ピアノ教室運営に関する様々な集客方法を紹介しています。 これらのことを …

no image
折込チラシでピアノ教室の生徒さんが15人ぐらい増えた。さらに・・・

また、何か新しいことをしたいと思ったので、メルマガの配信を復活しようかと思います …

no image
ピアノ教室の発表会でも他にはない特徴・強みをつくる

今日は、発表会プログラムの印刷を朝から会社でしていました。今回は300枚印刷しました。習っている生徒さんには、高級感のある厚い用紙に印刷されたプログラムを渡し、発表会に見

no image
ピアノの先生は、どこまでビジネスの勉強をすればいいのだろうか?

ピアノの先生は、どこまでビジネスの勉強をすればいいのだろうか? 確かに、マーケテ …

no image
生徒さんとのたくさんのメールのやり取りはピアノ教室の財産になる

ブログを書くとき、まず、あなたはどのような人に、ブログを読んでもらいたいか考える …

no image
ちょっと疲れたときに気分転換で「タイピングゲーム」

最近、ちょっと真面目た話を書いていたので、ちょっと気楽なネタで。 今回、紹介する …