ピアノ教室のホームページ制作はもちろん、生徒が集まる募集方法を教えています。

ピアノ教室専門ホームページ制作ドットコム

ピアノ教室に問い合わせが集まる理想的な記事の書き方

   

ホームページからたくさんの問い合わせがくる為には、検索上位にくる以外方法はありません。ではどうしたら検索上位に表示されるようになるのか?
答えは、「ピアノ教室に興味がある人にとって良質な記事や動画を増やすこと」です。
自分がコンサルしている先生達にwordpressというシステムを提供しているのは、独自ドメイン内に簡単に記事を増やす仕組みがあるからです。
しかし、良質な記事は先生の努力にかかってきます。

では何が良質な記事なのか?良質な記事の定義を理解する必要があります。

最低条件:最低500文字以上、理想は800文字以上で「ピアノ教室」や「地域名」が入った記事を増やす
まずは、文字数が最低500文字以上のボリュームになっていないとグーグルは1記事としてカウントしません。よって最低500文字、理想は800文字以上です。ピアノ教室に興味を持っている人に検索されることが目的なので、記事内に、できればタイトルに「ピアノ教室」や「地域名」を入れる必要があります。

次は内容について説明しますね。
大きくわけると3つあります。
1「ハウ・トゥー」
2「ケーススタディー」
3「ニュース」

1「ハウ・トゥー」
「ピアノを上手に弾けるようになる為の練習方法」、
「自宅で自然に子供がピアノ練習するコミュニケーション術」
「ゲーム感覚でピアノが上達するおもしろレッスンアイテム」
「ピアノ教室に取り入れているコーチングレッスンとは?」
こんなタイトルでしっかりした記事だとかなり検索されます。

2「ケーススタディー」
成功事例や失敗事例
「〇〇音大に合格!どのような練習が大切か聞いてみました。」
「保育士試験に合格!合格のポイントを公開」
成功事例なども大変人気の高いコンテンツです。

3「ニュース」
「春日部市の藤まつりに行ってきました。」
「春日部市にある〇〇パン屋さんが美味しい!」
「第3回ピアノ発表会を春日部市民文化会館で開催!」
「〇〇ちゃん、ピアノ練習頑張っています」
「〇〇ちゃん、合唱祭伴奏に選ばれました!」
地域の人達が記事を読むことで「あっ、ここにピアノ教室あったんだ」と知ってもらうきっかけになります。

自分は本当に内容の濃い記事であれば、1つの記事に3時間くらいかけてもいいと思っています。
ピアノ教室を運営していく限り、記事は永遠に残り、その記事からお問い合わせに結びつきますので。

では皆さん、引き続きブログ更新頑張ってくださいね!

 - ブログ, ブログ記事の書き方 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

パーソナルブランディングを高める時代です

この前、かすなびのオフ会に参加したことを書きましたが、その後ツイッターを使ってい …

かすなびロゴ
かすなびイベント参加の経験から、ピアノ教室の生徒募集を考える

こんにちは。咲本です。 今回は、この前参加した春日部のイベントの話です。 &nb …

no image
ブログへのアクセスを増やす方法~つづき~

こんにちは。咲本です。 前回の続きです。前回、新規のアクセスを増やすには、「更新 …

no image
誰に検索してほしいかを考えてから、ブログを書く

もし、普段の生活日記なら、すきなことを書けばいいでしょう。しかし、もし仕事に結び …

no image
チラシの反応がないと思っている人のパターンは3つ

ブログ村には勉強になるるピアノの先生達のブログがたくさんあります。 是非、クリッ …

no image
顧客生涯価値を考える

こんにちは。咲本です。このブログは、ピアノ教室で成功したい方を応援することが目的です。たくさんのピアノ教室運営のヒントを掲載していきたいと思います。私の知っている知識

no image
今のピアノ教室をさらに発展させるために、小売業・製造業の発想を取り入れる

こんにちは。咲本です。 ブログ村には勉強になるるピアノの先生達のブログがたくさん …

no image
接触回数を増えれば自然と生徒は増えていきます。ブログで面白い文章を書くコツ

  こんにちは、咲本です。   不動産関係で読んでいるブログ …

no image
バッハの名曲を奏でる木琴がすごい

NTTドコモのCMがすごい。まずは、これを見てほしい。http://answer.nttdocomo.co.jp/touchwood/#play木琴の優しい音色がいい感じです。撮影大変だっただろうな・・・。水のせせらぎと木琴の音色で

no image
行動してみる。すると目標が見えてくる。

どんな人でも、はじめてのことをするとき、目標なんて見つからないことが普通です。逆 …