ピアノ教室のホームページ制作はもちろん、生徒が集まる募集方法を教えています。

ピアノ教室専門ホームページ制作ドットコム

顧客生涯価値を考える

      2011/04/28

こんにちは。

咲本です。
このブログは、ピアノ教室で成功したい方を応援することが目的です。
たくさんのピアノ教室運営のヒントを掲載していきたいと思います。

私の知っている知識や経験を少しでも皆さんの役に立てればと思い、生徒さんを増やすコツや、満足度をアップさせる方法などを書いていきます。

はじめての方は、こちらをご覧ください。
http://ameblo.jp/plusit/entry-10697105490.html


顧客生涯価値って聞いたことありますか?
ライフタイムバリュー(LTV)などとも呼ばれています。

一人のお客さんが、一生涯であなたのサービスに対して支払ってくれる金額の合計が顧客生涯価値となります。
例えば、あなたのピアノ教室の月謝平均が8000円だったとします。また入会してから、退会するまで何年通っているかを調査してみると、平均が3年という結果だったとします。

この場合のライフタイムバリュー(LTV)は、
8000円×36ヶ月=288,000円です。
正確には、入会金や発表会などの利益なども足す必要がありますが、今回は分かりやすく省略しています。

今回は仮に3年平均の継続率と仮定していますので、288,000円ですが、これが5年平均になると、480,000円になります。ながく通ってもらうことがすごく大事だということが分かってもらえますよね。

今回は、長く通ってもらう方法ではなく、広告費という観点からライフタイムバリューを考えてもらいたいと思います。

あなたの教室の生徒さんのライフタイムバリュー(LTV)が、288,000円だったとします。
1人入会すると、28万8千円のお金をいただけるということですね。

仮に12万円の広告をしたとします。そして1人の生徒さんが入会しました。

すごく単純計算なんですが、ライフタイムバリュー28万8千円-広告費12万円=16万8千円の利益となります。

ここから、電話代や自分の人件費など、かかりますが、実は1回の広告で1人でも入会すれば大抵はプラスの収支になります。

広告に臆病になることが、実は将来の収入を減らしているとも言えるんですね。

もちろん、生徒さんの継続率が1年ももたないようであれば、大赤字になってしまいますし、1人の入会でOKだと考えて広告ばかりしていたら、手持ち資金が無くなってしまいます。ライフタイムバリューは、すぐに貰えるお金ではなくて3年後にすべて回収できるお金ですからね。

収支のバランスが大事なのはいうまでもないですが、ほとんどの人はライフタイムバリューという考え方がないので、広告に投資することを恐れてしまいます。

まず、あなたは、自分の教室の生徒さんのライフタイムバリューを調べてみてください。一人の生徒さんから合計いくらのお金を頂いているのか・・・その金額を知ることは本当に大切なことです。

その金額を知ると、1本の問い合わせの大事さを感じます。広告はいくらぐらい使っていいのかもわかります。継続率を高めることがどれだけ大切なことかも理解できます。

すべて顧客生涯価値が基準になっているんです。

ちょっとでも役にたったら、こちらをクリック!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら「ブログリーダー登録」や「読者登録」よろしくお願いします。

 - ブログ , ,

  関連記事

no image
チラシの反応がないと思っている人のパターンは3つ

ブログ村には勉強になるるピアノの先生達のブログがたくさんあります。 是非、クリッ …

no image
今のピアノ教室をさらに発展させるために、小売業・製造業の発想を取り入れる

こんにちは。咲本です。 ブログ村には勉強になるるピアノの先生達のブログがたくさん …

no image
誰に検索してほしいかを考えてから、ブログを書く

もし、普段の生活日記なら、すきなことを書けばいいでしょう。しかし、もし仕事に結び …

no image
ブログ村ランキング上位の人のブログ、具体的に何を参考にするの?

読者の方から、質問が届いていました。「ランキング上位の人のブログやHPを見たほうがいいと書いてましたが、具体的にどういったところを参考にしたらいいのでしょうか?何人ものブ

IPアドレスマップ
匿名でコメントを書いても、ある程度の場所は特定できる

こんにちは。咲本です。 最近、運動不足でちょっと運動しないとまずいなぁと感じてい …

no image
時には、反感を恐れず、勇気を持って発言しましょう

コメントが届いたので、返信します。 「怒っています」さんからのコメント さくらら …

no image
接触回数を増えれば自然と生徒は増えていきます。ブログで面白い文章を書くコツ

  こんにちは、咲本です。   不動産関係で読んでいるブログ …

no image
2つめのピアノ教室を作るために廃墟のようなビルを買いました

  土地約90坪の3階建てビルを購入しました。本日購入の契約をしたので …

no image
ピアノビル、こんな姿に。。。

この数ヶ月は本当に忙しかった。そして、これから数ヶ月も忙しいだろうなと思う。ピア …

no image
ピアノ教室の発表会でも他にはない特徴・強みをつくる

今日は、発表会プログラムの印刷を朝から会社でしていました。今回は300枚印刷しました。習っている生徒さんには、高級感のある厚い用紙に印刷されたプログラムを渡し、発表会に見