ピアノ教室のホームページ制作はもちろん、生徒が集まる募集方法を教えています。

ピアノ教室専門ホームページ制作ドットコム

折込チラシでピアノ教室の生徒さんが15人ぐらい増えた。さらに・・・

   

また、何か新しいことをしたいと思ったので、メルマガの配信を復活しようかと思います。
現在、すでに約800人の人に登録していただいております。

 

ツイッターやFacebookなどソーシャルネットワークサービスが発達した今でも
メルマガはダイレクトにメッセージを伝えることができるすばらしいツールです。

 

もし、ピアノ教室運営またはスクール経営をビジネスとして考えていて、
興味を持っていただいた方は、こちらのメルマガに登録していただければと思います。

http://goo.gl/Ez1Dt

 

 

今回は、チラシの話をしようと思います。

まず、結論から。

 

チラシは、上手に活用すれば、凄い勢いで生徒さんを増やせるツールです。

 

私も、この3月にオープンしたピアノ教室で、チラシを配布しました。

1つは折込チラシ、もう1つはある媒体への掲載です。

 

まず、折込チラシだけで、15人ぐらい生徒さんが増えています。
さらに、3月8日頃に配布したチラシですが、今でも問い合わせが継続しています。

 

実際は、チラシを見て、その後ホームページを見て電話したという方もいらっしゃるので
チラシだけではないですが、教室の存在を知ってもらう入り口は、今回の場合、チラシでした。

約15万円ほどの広告費を投入し、入会金と初月の月謝ですでに広告費は全額回収できました。

あとはレッスンをこなした分がどんどんプラスになっていくという計算です。

 

ほとんどの先生は1000枚配布して問い合わせが来なかったので辞めてしまった。。。
そんなケースが多いです。

 

確かにチラシの内容も悪かったのかもしれません。

しかし、それよりもチラシは費用対効果で考えるべきなんです。
いくら使っていくらの売上になる。。。この考え方が重要です。

 

特にピアノ教室の場合は、習い始めてから通って頂ける期間が長いですので、
生涯顧客価値で計算しなければなりません。

 

6年間平均で通う教室の場合は、

(月謝×12ヶ月×6年間)+入会金

この売上に対して、いくらの広告費を使ったのか?

ここがポイントです。

 

そして、折込チラシ以外にもう1つ、ある媒体に掲載しました。

この媒体は正直、びっくりしました。

電話が鳴り止まないとは、本当にこのことですね。2日間ぐらいに15件ぐらいの
お問い合わせの電話がなりました。

 

食事をしていても電話がなり、レッスンしていても電話がなり、
車の移動中でも電話がなる。

本当にこんな感じでした。

 

こちらは、メルマガで配信したいと思いますので、
もし、ご興味がありましたら、
メルマガ登録宜しくお願いいたします。

http://goo.gl/Ez1Dt


ちょっとでも役にたったら、こちらをクリック!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら「ブログリーダー登録」宜しくお願いします。


 - ブログ , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
共感をもってもらうことを意識する。そのために書くべきこと

ブログは、ピアノ教室を探している保護者の方達に共感していただくために、書いている …

no image
ピアノ教室運営相談室メンバーの声

今回は、ピアノ教室運営相談室メンバーの声を掲載したいと思います。 このスクール経 …

no image
5万円のお金を払って参加したビジネスセミナーの話

たまに、私はビジネスセミナーに参加します。ビジネスを成功させるには、インプットは …

no image
仕事とは何なのか?iPhone修理をしていて感じたこと

今年の1月11日から、春日部にあるうちの事務所でiPhone修理の仕事も始めまし …

no image
ドラマ「JIN-仁-」の「橘家のお弁当」を食べて感じた購買心理

明日、娘が誕生日なので、本日は1日前ですが母の家で誕生日パーティーをする予定です …

no image
明日はピアノ教室の発表会

写真は、プロのカメラマンにお任せ。私はビデオ撮影担当です。 発表会は、少ない人数 …

no image
「希望」という同じピアノ教室仲間を助けたいという気持ちは本当にすばらしいと思っているんです

すごく為になるコメントを頂いたので、この返信をブログで書きたいと思います。 前回 …

フェイスブック画像
フェイスブックは現実の世界と近い

今後、ネット社会での実名利用率は、どんどん増えていくことになるでしょう。 &nb …

no image
かわいらしいミステイクは好感度アップ

こんにちは。咲本です。 最近、「クスッ」って笑ってしまったブログがあります。それ …

no image
この企業は「アナログの良さ」と「デジタルの良さ」を本当に理解しているな

「さすがだな」と思ったこと。 僕はメルマガの配信に「オートビズ」というサービスを …