ピアノ教室のホームページ制作はもちろん、生徒が集まる募集方法を教えています。

ピアノ教室専門ホームページ制作ドットコム

「心のこもったおもてなし」をするためには顧客管理が必要です

   

前回のブログで「ピアノ教室に長く通ってもらうには」という内容の記事を書き、

「信頼関係を築くことが重要だ」ということをお伝えしました。さらに信頼関係を作るには「知識」と「思いやり」だと書かせて頂きました。

この「知識」に関して、さらに掘り下げていきます。

 

いろいろなビジネス書などでも、顧客管理が重要だと伝えています。

なぜ、この「顧客管理」が重要かということ、もう一度考えてみて下さい。

 

■「顧客管理」は「知識」を助ける大切なツール

 

それは、この「知識」を助ける大切なツールだからです。

「知識」の中には、音楽に関する知識、指導に関する知識、教育に関する知識など、いろいろなものがあります。

さらに、「お客様の状況」ということも知識の1つです。

生徒さん、保護者の方の情報をたくさん把握することで、何気ない会話の中から信頼関係をより深く築くことができるようになるのです。

 

基本的なことだと、誕生日など。

誕生日に生徒さんへ「誕生日、おめでとう!」って声をかけたら、生徒さんは嬉しいですよね。

みなさん、意識せず自然にされていると思いますが、

このさりげない一言によって信頼関係は間違いなく深まっています。

「先生、私の誕生日覚えていてくれたんだ」とか、「先生はいつ誕生日なのかな」とか

いろいろなことを、感じてくれます。

 

お客様をよく知ることはビジネスの基本

他にも家族構成、ペットは買っているか、兄弟はいるのか、どんな些細なことも1つの表にまとめて、できる限り頭の中にいれておくことが理想ですね。

さりげない一言が感動を呼び、あなたとの会話に心地よさを感じてもらえることでしょう。

 

「お客様をよく知ること」は、ビジネスの基本です。

 

顧客管理の目的は、お客様である生徒さん、保護者の方に最高のサービスが提供できるよう、また心のこもったおもてなしができるようにするためです。

心のこもったおもてなしができるようにするために、情報を整理し、まとめていく必要があるのです。

 

そして、顧客管理によって、最高のサービスが提供できれば、必ず、長く通ってくれるようになります。

 


ブログ村には勉強になるるピアノの先生達のブログがたくさんあります。
是非、クリックして読んでみてください。
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村

 

初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら「ブログリーダー登録」やFacebookで「いいね!」よろしくお願いします。


 - ブログ , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
共感をもってもらうことを意識する。そのために書くべきこと

ブログは、ピアノ教室を探している保護者の方達に共感していただくために、書いている …

no image
ピアノ教室のチラシで失敗するパターンは・・・のタイミングが間違っている

前回、チラシの内容によって問い合わせがぜんぜん変わってくることを伝えました。 今 …

no image
チラシの勉強をまったくしないで、反響を3倍以上増やす方法

チラシの勉強をまったくしないで、反響を3倍以上増やす方法知っていますか? チラシ …

お客様は増やすということは、あなたのファンを増やすということ

お客様は神様ではありません。断言します。この考えがあることによって、変なことが起 …

no image
ブログ村ランキング上位の人のブログ、具体的に何を参考にするの?

読者の方から、質問が届いていました。「ランキング上位の人のブログやHPを見たほうがいいと書いてましたが、具体的にどういったところを参考にしたらいいのでしょうか?何人ものブ

ピアノ教室でも使われている心理学「返報性の法則」

「返報性の法則」という言葉を、ご存知でしょうか?   これは、難しい言 …

no image
三共標識社という看板詐欺会社にひっかかりました。そして取り返しました。

数日前ですが、うちの妻が看板詐欺にひっかかりました。   その手口は …

no image
スクール生徒数合計で184名になりました!

最近、いろいろな事業の話が同時に舞い込んできており、なかなかブログ更新もできませ …

no image
ユーチューブは生徒募集に効果あり

ピアノ教室とユーチューブは、かなり相性がいいと思っています。音楽は世界共通なので …

no image
生徒さんとのたくさんのメールのやり取りはピアノ教室の財産になる

ブログを書くとき、まず、あなたはどのような人に、ブログを読んでもらいたいか考える …